少々古くなった頃の製品の予想画像を見せてくれるサービスがあったらな

こんなサービスがあったらな、というのをメモ。

「新」製品がユーザーの手になじんで数年経過した頃、こんな風姿になってるだろうなという「予測画像」が紹介されているサービスがあったら面白いんじゃないかと。

もし、そういう画像がアップされているサイトであれば、今のところ2つのことが可能です。
一つは「その新製品のことを売りっぱなしにしない感」(あくまでもイメージ、だけど)=「信頼感、親近感」。
もう一つは、その製品の「年を経て加えられる良さ」がわかる点。これは、皮革製品を扱っているお店ならば、既に行っているかもしれませんね。私の革財布も、数年かけて良いツヤになってきましたよ。←余談

・・・と、新製品の紹介ページを見て思いました。
[PR]

by pyoblog | 2010-04-15 09:54 | ぴょ案  

<< タイムカード的な生存確認サービ... 観光のツボは、観光している人が... >>