タイムカード的な生存確認サービスがあったらな

追記:なんだか誤字脱字が多いので直しました・・

個人で仕事を請け負ってるとき・・・もし今、何かあったらどう連絡つけようかなとか思います。たまに。
イラストレーター関連のメールマガジンにも、請負中に事故で入院とか、そういう記事が載ってたときがあって、「本人しか伝達できる人がいないのに、本人がそうできない状況が一番怖い」と、思っています。
なので、「今日は生きてます報告」みたいのを受け付けるサービスがあればなと思いました。

既に「お年寄り見守りサービス」で、一定期間電化製品に動きがないと連絡するみたいなのはあります。
今の場合はもう少し能動的。会社に出勤したときにタイムカードを押すような、そんなカンジ。

たとえばこんなのはどうかなぁ?
一定期間(仕事の請負期間)を登録して、朝、必ず自分のページにアクセスする、だけ。
マイページは、仕事先の方と共有する。
一日でもアクセスがないと(休業日を除く)、マイページにアラートが出る。クライアントがそのページを見ていれば、クライアントは電話連絡やメールといった何らかのアクションをクライアント側からおこなえるチャンスがある
3日間、もしくは指定日にアクセスがないと、クライアントにサービス会社から緊急メールまたは電話が届く。

ちなみに・・・私の場合、仕事中途で万一のことがあったらここ(その時点で関わっている仕事先)に至急連絡してね、というメモを「冠婚葬祭おつきあいノート」に挟んでいます・・・・。
[PR]

by pyoblog | 2010-04-30 13:07 | ぴょ案  

<< 夏休みの地味系自由研究:里帰り... 少々古くなった頃の製品の予想画... >>