処方箋をバーコードで記録しておくサービスがあったらなぁ

こんなのあるといいなぁ。もうあるのかな?

「自分の氏名や血液型を書いて持ち歩くことができる小さなカプセル」が既製品にあるけど、それに入れておく小さな紙片を、薬を処方してもらうたびに入れ替えてもらうサービスがあればと思いました。
お薬手帳と一緒に提示を求められて、必ず中身を入れ替えてもらえるサービス。

お薬手帳はかさばるから、いつも身につけているとは限らないので(医者に行く時ぐらい?)
昔は「肌守り」といって、子供が首からお守りも肌身離さずぶらさげてたりしたんだけど、あのノリで。


バーコードや二次元コードみたいな物が便利じゃないかな。ただ、読み取り機械が無くても読める可能性が高い方が良いなぁ。

できれば、その数値化の決まり事は、全ての医療機関共通のものであってほしいなー。
また、複数の異なる媒体で参照出来ればよいと思います。電子媒体や印刷媒体等。

医者通いの家族がいるので、こんなことをかんがえました。災害時に必ずそばに私がいて病状を説明できるとは限らないからなぁ。
[PR]

by pyoblog | 2011-03-27 12:32 | ぴょ案  

<< 遠方に暮らす人たちのつながりを... 足元に草が生えてるテーブルがあ... >>