もし「自分が初めて旅行する場所用に作った観光プランに地元の人が付いて来ちゃいました企画」があったら

タイトルが長すぎですが、お久しぶりです。管理人のTonpyoです。
このブログは、私の思いつきをアップしていく場所です、というか、なんかそういう緩めの思いつきを頭に巡らすのが私の趣味です。よろしくお付き合い下さい。(久しぶりなので自己紹介してみました)

今回、地元に新幹線が開通するということで、ぼんやりと頭に浮かんできたことをメモしますよ。

割と地味目なカンジで、かつてはよく知らない県ナンバー10位には必ず入っていた我が県、我が市。
そんなところに新幹線がやってきて、なんだか街は「観光」に浮き足立ってます。
(基本として、新幹線のメリットは観光業以外のビジネスの時短にあるとおもうんだけど。あと、ライフラインの増加とか。それはさておき)

有名な観光地「以外」の場所に、ワクドキ♪で観光に来て下さる人がいるとしたら。
どんな観光プランをお持ちになっているのか、興味がわきます。
きっと、旅行雑誌やネット情報を参考に一生懸命計画を立てて来て下さるんだろうなぁ!

・・・それに地元の人がついて行ったらどういうことになるかな?とふと思ったのね。

基本ルールとして「立てられたプランに口を挟まない」があって、旅行者が困った時は代替え案や交通手段の手配をしてフォローするの。事前にプランを提出して頂くのが大前提。例えば、バスも電車もないところに残される運命になるプラン(地元民なら分かる)の場合は、先回りで車用意できるしね。

「しまった、こまった」と思っても地元の人のフォローがあるから堂々と間違えられるし、しかも代替え案提示で、「自分が気付かなかった素敵ポイント」を知ることが出来る、素敵な思い出の旅行になるといいな、と思うのです。

また、「旅行者に限りプラン実行中気になるポイントがあったら、それを加えても良い」ことにしておくのね。
地元側が「え、そんなのがワクドキポイントになるの?」と目から鱗状態になる可能性→今後の観光振興の参考になると思われます。

かなりめんどくさい企画なので、テレビ向きかもね(何でそう思うのかは謎)。
[PR]

by pyoblog | 2015-03-12 15:14 | ぴょ案  

<< 立ち読みしているような気分にな... 名刺用名前+情報ハンコがあれば... >>