立ち読みしているような気分になれる自宅用の腰掛けがあればいいのになぁ

本屋での立ち読み・・・中身を軽く確かめる程度以上の立ち読みは迷惑千万ですが(私は店員の立場も買い手の立場にも立ったことがあるのね)、どうして立ち読んでる時の本ってあんなに魅力的なんでしょう。・・・と、思うこと度々です。

で、家で買ってきた本をゆっくり読もうとするといつの間にかゆっくり眠ってしまう自分。
または、色々なことに気が散ってしまい、本を広げたまま読み進めない自分。

座って読むのがいけないんでしょうか。

ならば、ちょっとこう寄りかかれるような長い背もたれと、ほんのちょっとだけ腰掛けられる座面(しかも座面の位置が高い)、そんな「立ち読みしているかのように本が読める腰掛け」があればなぁと思いました。
イス、というにはおこがましいほど凸凹の無い、でも安定感のある、しかも読みかけの本が挟めて付箋も貼れる、そんなステキイス、あればいいのになぁ。

いっそ、狭い玄関におけるタイプで、靴を履いたまま本が読める、そんなスペースが有難いかも。より「立ち読み」に近いしね。


・・・・と、積ん読本が10冊以上パソコンラックの上にあるのを見ながら書いてます。
ウチは玄関に自転車を入れてるので、自転車のサドルにまたがって読めば良いんでしょうか。
[PR]

by pyoblog | 2015-03-26 19:10 | ぴょ案  

<< カウンターを押しながら読書する... もし「自分が初めて旅行する場所... >>