絵日記の天気をとことん追求する自由研究

追記:書いてた、書いてた。ただ、今回とはちょっと違うアイデアを書いているので、アーカイブも見てみてね。
ぴょブログ:「その時の天気を書けばいい(夏休み日記のつけ方)」2008-07-31 の記事

(以前書いたかなぁこの考え。もう忘れたので、既に書いてたら、アーカイブも参考にして下さい)
今の小学生は夏休み日記とか天気観察とかするのかな?
そのとき、(少なくとも自分は)天気の欄で困ることが多々有った気がします。

その日は「晴れ」でした、なんて簡単に言える日が幾日有るでしょうか。
曇りって、どこまで雲が出てたら曇りなの?
雨降ったけど、そのあとものすごく良い天気になった・・・雨は無視の方向で良いの?

そこんところを、とことん追求する自由研究があってもいいんじゃ無いかなぁ。

例えば・・・

・一ヶ月間の間、定時定点観測(これは以前ブログで書いた気がする)
・1日、天気を見張る。時間と場所(これは親御さんがGPS使えるなら場所も明確に出来る)
・自分なりに天気の定義を宣言(←これを考える過程が自由研究)してから、「今日は晴れ!」等と言い切って記録する
・遠方にすんでるおじいちゃんおばあちゃん(お父さんお母さんの場合もある、単身赴任とか色々)に、天気を毎日聞いて記録する←生存確認も出来ていいかも知れない
・むこう数年間の天気記録を見て明日の天気を予測する(天気図をみて予測する方法と組み合わせても良い。多方向から推測する勉強)
・その他色々

以上、なんだかこの時期に来ると書きたくなる夏休み宿題アイデアでした。楽しく何か研究してみよう。
・・・提出宿題にしなくてもイイじゃん。
[PR]

by pyoblog | 2015-07-22 19:45 | 夏休みな宿題  

<< 本の跡タグ(この本が売れました... カウンターを押しながら読書する... >>