生活密着型?英語リスニングレッスン(とんぴょの場合)

twitterのヘルプのビデオを見る。
Bloggerのチュートリアルビデオを見る。

とにかく目と耳を同時に鍛えられます。
とりあえず今はこの2つ。(追加予定)
この2つの事から、一般化できるアイデアのヒントを拾う事が出来ます。(ちょっと大げさ)

この2つのサイトのサービスを私は実際に使っているわけですが、2つとも
「まだ完全に日本語化されていないサイト」
「英語圏のサイト」
「広く一般の人に使われてってるっぽいサイト」です。
最低限必要で重要な事柄は日本語化してあるけれど、詳しい事は英語で、っていうのがミソ。


上記の条件がそろっているならば、そしてチュートリアルやプレゼンテイションが、もし動画で公開されているなら、
「一般的な話し方で話されている(英語に癖があまりないと思われる)」
「自分が日本語イメージで使っているものを英語で説明している」
「英語で話していることと、映像にズレがない」(例:花を指さして魚とは言わない)
と思われます。

このことが
「実生活に即しているので、理解しやすいし、実用的だ」
「現在一般的に理解されている英語が聞ける(つまり、古くない)」
というとこになるので、英語に不慣れな私には、すごく勉強になります。

教材のように、一般化して応用できるフレーズを学んだりする事は出来ませんが、先ず英語に耳が慣れるには十分です。呼吸のおき方とか、念の入れ方とかもわかります。

また、これは私にとって今必要な事なのですが、「英語サイトの英語を解説して貰える」のが嬉しいです。英語サイトってボタン一つ押すのもドキドキじゃないですか(意味わかんなくて)

おまけとして、「あ、こういう説明の時には、自分の名前を最初と最後に言うんだなー」とかみたいな「英語圏の慣習」っぽいものも(限られたものですが)わかります。

実際に英語を話す事よりも英語を理解しなくてはいけないという事の比重が多い私。
(別に英語圏と取引してるわけじゃない、一般ニッポンピープルなのに、です)

そんな私にはうってつけの、ものぐさ勉強法です。とりあえずタダ?だし(通信費等別←笑

とにかくtwitterのビデオの英語が聞き取りやすいのに驚いた、のがキッカケです。
これで慣れたら、今度は日本版が出ているニュースサイトだ!(と、夢は大きく)
最終目標は「使いたいサービスの利用規約を原語で理解できる」←私的にはカッコイイ事。
[PR]
by pyoblog | 2008-05-28 11:13 | ぴょ案

思いついたことのつらつら書き


by pyoblog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30