ストリートビューは、ピンホールカメラで

グーグルマップのストリートビュー(カタカナなのは、私が実際に見たこと無いものだから)は、
ピンホールカメラで撮影したらどうかな?

ニュースで耳にする「ストリートビュー」の話から、そう思った。
地図だけからはわからない街の様子を補足するための写真という意味合いなら、
長時間変わらないものだけが写っているのがいいと思う。

賑やかなイメージの場所をそのように切り取るのは、あくまでも地図情報の小さなピースではと思う。
雑踏で隠れてしまう郵便ポストやマンホールのフタ、そういうものが必要になる場合があるかもしれない。


ピンホールカメラは瞬間で消えるものは写さないので、ちょうどいいと思う。
高速なイメージのネットに、ゆったりしたものが重要な役割をプラスするのも、カッコイイ。

世界中のピンホールカメラマンが、その瞬間に変わらないものを写すっていうのも、なんかイカスと思うんですが。

定点観測のように、数年に一度写真を更新するのもいい。

もし、そういうことが実現するなら、グーグルは各カメラマンに報酬を払って欲しいな。
タダバタラキは駄目よん。(両方に言ってるよ)
[PR]

by pyoblog | 2009-07-01 10:34 | ぴょ案  

<< スイカは頂点で切り分けると自立する 代車が新型車だったら。 >>