カテゴリ:ゲーム( 3 )

 

人生ゲームを買ってみた

正月実家であそんだポータブル版の「人生ゲーム」。
後を引いちゃって、久々に買いました、あのおっきな盤ゲーム(EX盤)を。

お年玉で携帯ゲーム機を買うような我が家の子供が「おもしろい!」と言ってるのが
不思議でした。で、どこが面白いのか聞いてみたら

「紙で出来てるくせにプラスチックがついている盤が面白い!」

どういう感想だ(笑)。というか、先ずカタチですか。

でもこの感想は、私が子供の頃と同じ感想です。あのプラスチック製の山が、橋が、家が、
何だか最近流行の精巧なおまけ付き菓子を連想させなくもないような。
(でも私が子供の頃は、自分が住む家はついていなかったような・・)
ミニチュアの魅力です。

遊んでみると、子供も大人もかなり楽しめました。
お互いの「人生」に無責任なツッコミ入れらるのが楽しい~♪
ゲームに集中するというよりも、ゲームを仲介して
おしゃべりを楽しむといった感が強いのは意外でした。
より楽しむコツは自分の運命に対する喜怒哀楽を
ハッキリ出すことかな?うけます。

で、子供の頃と大人になって久しくなった頃するのとでは
ずいぶんゲーム後の感慨が違います。
私の子供も、子供だった頃の私もただひたすら「将来」を楽しみ、
「未来」をおもちゃにしている楽しさを満喫していたのに対して大人は・・・。

ほろ苦いような諦観を込めた笑いが生まれるこの感じ・・
皮肉っぽくて大人なりにかなり「楽しめ」ます。
案外大人だけで遊ぶと、暗くなっちゃうかも。
子供を交えて遊ぶのが楽しいですよ。

今日も宿題を片付けさせたら、1ゲームの予定です。
[PR]

by pyoblog | 2005-01-07 11:27 | ゲーム  

ちょっと古いTVゲーム

ウチは家族全員TVゲームが(割と)好きです。
とはいうものの、新作が出れば即買いということはめったにありません。
どんなに早くても2~3ヶ月後、遅いと・・・・。
その理由は「評価が定まってから買った方がはずさない」という
大変に他力本願というかヒキョウな(笑)思惑があるから。
だって高いよ、子供のおもちゃにしては。

そういうわけで、世の中のゲームの流行には全然追いついていない
のんびりしたゲームライフです(やってるのも家族全員で出来るような
のどかなものが多い、かな?)

そんなちょっと古いゲーム好きな我が家で今流行ってるのは
「ゼルダの伝説風のタクト」。懐かしいアジアのアニメーションのような絵柄が美しい
物語風のアクションアドベンチャーゲームです。

全員で楽しんでいるのは「桃太郎電鉄X」。物件を売ったり買ったりするボードゲームで、50年とか長い設定でゲームできるのは家族ならでは。夫が一番強いです。

いつまでも好まれているのはファイナルファンタジーシリーズ(ロールプレイングゲーム)。それも1,2,3,9のみ。絵がきれいで話が良く出来ていて、端から眺めていても
厭きないのがよいです。ちなみに我が家では高学年になるまではロールプレイングゲームは禁止でした。格闘系は今でも禁止。大きくなったら自分で買ってね。

どのゲームも初めて販売されてからずいぶん経ってます(笑)

古い物好きで困ったのは今時ニンテンドウ64のゲームがやりたいと子供が言い出したとき。低学年の時に買った機械はあるのでソフトだけをおこずかいで喜んで買ってきたのはいいのですが、動かない。子供はもう半泣きです。
よく見ると接触部分がさびていました。根性で磨き上げたのは私。
動いたとき「機械ってスゲエ!」と子供が言ったような気が(私に感謝してよ~)。
[PR]

by pyoblog | 2004-07-06 15:48 | ゲーム  

等分検定

昨日、ケーキの切り分けに大失敗し、家族のブーイングにあったので
「等分検定」で、鍛え直してきました。

「等分検定」


「ワラテルサイト」内 Shockwave Galleryの下から11番目くらいにあります。

あー、なんで3等分が苦手なんだろう、私・・・。
4級から上に行けない。



「ワラテルサイト」

http://homepage1.nifty.com/warateru/
[PR]

by pyoblog | 2004-03-17 18:14 | ゲーム