カテゴリ:タワイディア( 52 )

 

名刺用名前+情報ハンコがあればいいなと思った

小学校とかで使ってる(そして卒業式とかで返還される)「氏名ハンコ」あるよね。
あんな感じで、もう少し大きい文字で名前が入ってるハンコ、欲しい。
名刺用に。

私は仕事でイラスト描く人なので、普段そんなに名刺は枚数使わない。なので、自前でちょっと印刷しておけばイイヤ・・・・なーんてことやってると、研修や交流会で思ったよりも名刺が必要だったとか、暫く印刷してなかったらもう情報古くて使えないよーとか、必要な間際にそうなるのは私だけだとは思います。

紙と鉛筆が有ればなんとかなる気がしてる(そんなことはナイ。というか、絵業は余興や特技や魔法じゃないので突然描けるわけでもナイ。そこんとこ解って欲しいの。おっと、閑話休題)系の人間にとって、「その場で名刺を作ってお渡しする」のもアリなんじゃナイだろうかとか思ったのね。

ただ、名前と住所は、誰でも判別できるのがいい!=自分はそんなに字が上手くない+住所等は情報文字数多すぎて手描きじゃムリ。もし出来たら神業。
なので、名刺に押すサイズのハンコが欲しい。あとはライブドローイングてのも、度肝を抜いて楽しいかも知れない。人によりますが。
ハンコなんてかさばるよ、と思われるかも。でも、氏名住所ハンコがあれば「何だって名刺になる」メリットもあるよ。

なんてことを思った年末でした。
もらった名刺に住所が無くては年賀状出せません。スイマセン。ネットでご挨拶だなこりゃ。
[PR]

by pyoblog | 2014-12-24 12:04 | タワイディア  

新聞の年月日欄を新聞の余白全てにつけて欲しいなぁ

最近はデジタル化も進んで便利(・・・ホントに便利なのか?)になった新聞だけど、ウチはいまだに切り抜く派です。
切り抜いた新聞にできれば新聞名と日付が欲しい。それは大抵、新聞上部の余白のみなので日付ごと切り抜こうとすると大変面白い形になることがあるので、オモシロクナイ。
(というのも、欲しい記事以外の記事は回避するという自分のせいなんだけど)

なので、まっとうな?日付は上部にそのままにしておくとして、簡単な記号で新聞の余白(新聞を折ってある真ん中部分も)につけてもらえると大変嬉しい。
インク代が勿体ない←膨大な量を印刷するので、新聞名の頭文字と略した年月日をめっちゃ小さくでも構わない。

そうしてもらえれば、少なくとも長方形に切りぬこうという気がおこるかもしれない。



余談だけど、紙の新聞は、一つの記事が読まれる時間帯と回数が超長いニュースメディアだと思う。

ウチは朝ねぼうなので、朝は新聞の一面だけ(しかも折りたたんである表の部分だけ)見てる。
そして夜帰ってきて読んだり、読まなかったり。積み上げてあるから暇なときに何となく目にしたり。

そうこうしているうちに、私なんかがちょっと物を包んだり捨てたりという新聞としては不本意?な別用途に使う、そのとき。実に数週間前の新聞を改めて読んだり(そういうときに限ってオモロイ記事が書いてある)。

・・・朝一番の配達に間にあるように頑張って頂いている諸々の方々には大変申し訳ない読み方をしている。
申し訳ない。

言い訳させてもらえば、何度も読む「最新記事」から得ることが効いてくるのはずっと後ではないかな、というような気がするので、何度も同じ物に目を通すってところで許して下さい。
[PR]

by pyoblog | 2013-06-12 11:24 | タワイディア  

WiiFitでの体重測定:ねこMiiで服の重さを記録

(あまりにも久しぶりのログインなので、「ジャンル登録してください」というアラートが出たけど、
該当するジャンルがありませんでしたw
せめてライフハックとか、アイデアとかそういうジャンル作って欲しいなと思ったり。)

前にも書いたかなぁ?WiiFitでわりときちんと自己体重を量る方法。
ねこMii作って、服の重さを記録して、そのだいたいの重さを体重測定時にマイナス。
WiiFitは体重測定時に服の重さを申告してその分マイナスするんだけど、
そうやって自分の服の重さを把握すると、いい加減+自分に甘めの服の重さにならなくて良いかもよ?

a0008780_13521933.jpg

[PR]

by pyoblog | 2012-09-11 13:53 | タワイディア  

銀行に預けてあるお金のようにデータを預けるサービスがあったら恐いかな?

一般的に(震災のような重大な事態は別として)、お金の切れ目が自分のオンライン上データとの縁の切れ目ってこと、多い。

もし、預けてあるデータが「銀行に預けてあるお金のように」預かられているサービスがあったらどうなるだろう。

お金は、預けたらそのまま保管されているわけでは無いよね。運用されて、つまり銀行に使われてしまうんだけど、そのかわりに引き出すときは利子を付けて返したりするのね。

データの場合、勝手に使われちゃ困るんだけど・・・・という性格のものが多いんだけど(とくにパーソナルデータ)、例えば企業が必要としているデータ(年代性別指向等)を使わせてあげる代わりに、使われたくない重要なデータを守ってもらうサービス。例えば万が一の連絡先とかね。お金を預けるのと違うのは先に「メリット」を出すことかな(利子は後から付くもんね)

この場合「サービスは手前の都合で勝手にやめても文句言わないで下さい」という、よくある契約条文は無くなるだろうなぁ。お客様のものを預かって商売してるんだから。

でもなんか恐いなぁ。よっぽど先に信頼が無いとダメダヨね。

なんていうことを、ふと思いつきましたとさ。
[PR]

by pyoblog | 2011-07-07 20:33 | タワイディア  

なんで手回し充電機付の外付けハードディスクがないんだろ

データを参照して皿に焼く分だけ手回しで充電できるの。意味があるかっていったら無いかもだけど。
パソコン周り用の人力充電器ってないよね。なんでかな。
[PR]

by pyoblog | 2011-07-07 20:22 | タワイディア  

講演会で最後列の席の人にプレゼントをあげるときどうするか

・・・どんだけ限定的な条件やねん。昼寝をしていて突然ひょいっと思いついた駄案をメモ。

講演の時に何故プレゼントが必要なのかとかいうところは、Scott Berkun著「パブリックスピーカーの告白」を読んでみってください。

では、手順です。まず、プレゼントされる方に先ず起立してもらいます。拍手を促しても良いと思う。
起立した人には、その場を動かないようにお願いします。

その上で、渡すべきプレゼントを講演者の一番近くの聴衆に渡します。

その人から順にバケツリレー方式でプレゼントを届けます。具体的には、自分の後ろの席の人に渡していきます。(または最も近い場所に座っている人の所まで届ける・・・講演会の席がまばらに埋まっている場合はそういう状況)そのルールは徹底してもらいます。

講演者は、手間をかけさせていることを詫びつつ、起立している人の所にプレゼントが届くまで見守ります。プレゼントの中身をプレゼンしててもいいと思う。

起立している人に無事に渡されたら、拍手する。協力してくれた方々に拍手と共にお礼を言う。

手順は以上です。

講演会でプレゼントされるものは、多くが講演者自身の著書だったり、内容に関連する物品であったりすると思います。それを実際に手に取ることと、手渡しする際のアイコンタクトによる他者との行動共有は、講演をより現実的なものと受け止めるきっかけになるのではと考えます(夢見心地で時間が過ぎてしまい「そこに居た」というだけの経験になることを避けることが出来るかもと思います)

少なくとも、手渡しリレーを手伝ってくれた方に、行動という経験がプレゼントされます。それが、講演内容への親しみと、記憶の補助に役立つかーもしれません。実践してないのでわかりませんが。


本来プレゼントは直接手渡される方が、される側にとって一番嬉しいことだと思います。ただ、この方法ならば、講演の流れを(自分はもらってない、関係ないといった)疎外感でストップさせず、且つ緊張をほぐすという点で聴衆全体を巻き込むことが出来るのではないでしょうか。


・・・・と、寝ぼけながら思いつきました。どんな夢見てたんか。
[PR]

by pyoblog | 2011-06-10 15:58 | タワイディア  

らしくない本をカフェで読むときの照れ隠し

それをなぜ隠したいのか、ということはともかく。ひょいっと思いついた駄案。

本のカバーを上下逆さにする。

「なんだ、わかってないじゃん」的な雰囲気だけは醸し出せます。
その方が恥ずかしいか、それとも本を読んでいると思われるのが恥ずかしいか。

私は、らしくない本を読んでいると自分で思うことこそ、ハズカシイと思わなくてはならんと思うナリ。

でもカバーは掛けてしまうのよ・・(そして、ブックカバー作るのは楽しい。100均布で3枚、手持ちの布で1枚作ったよ)
[PR]

by pyoblog | 2011-05-24 19:16 | タワイディア  

旬電気

たわいのないアイデアなので、マジに取らないように。

えーと、野菜に旬があるように、電気の作り方にも旬があればいいなぁ。
暑い時は太陽光・太陽熱発電。
寒い時は積雪の重みを利用した発電。
雪解けの頃は水力発電。

それぞれの地方や気候でその時に採れる旬の電気を、野菜の旬が全国に出回るように全国に届けられるといいなぁ。

そう思いました。

ちなみに富山市には太陽光発電所があります。雪で稼働が遅れたけど。あるの。
[PR]

by pyoblog | 2011-05-18 23:21 | タワイディア  

指揮者が二人同時に指揮するのはどうだろう

小中学校の合唱コンクールとか、そういうのを想像してしゃべってますよー
パートごとにリズムやタイミングを計ってくれる人が、2人くらいいると歌いやすいんじゃないでしょうか。
指揮をするというのは、結構高スキルだと思うんですよ。でも指揮の学習って小中学校では、ちょっとしかしないよね・・・。テストで「この動きは何拍子ですか」で終わっちゃう程度?それをいきなり振れっていわれても辛いかなぁと。
ここは、こだわりを捨ててパートごとに指揮者を立てて(スリートップ?)やってみたら、映像的にも面白いかなと、無責任に考えてみました。

ついでにいうと、パーカッションとか入れたい。
足踏み、手拍子(効果として)、口笛とかいれたり。カッコイイと思うんですが。
曲は短くして、そのかわりアンコール曲も入れよう(笑)

合唱「コンクール」は手堅い美しい曲が多いので、クラス超えてメンバー募って「2010年度3年生オールスターズ」みたいな合唱グループで、上記のようなのをやったら楽しそう。

興味のある先生は、来年度の学習計画にでも入れて欲しいなぁ(今年はもう無理やろ)
[PR]

by pyoblog | 2010-09-03 11:38 | タワイディア  

冷やしマヨネーズをスーパーに置いて欲しいな

数本だけで良いから、マヨネーズは冷やして置いて欲しいなと、マヨ切れでスーパーに走ったときに思いましたとさ。

さらに、分離型のドレッシングは逆さにして冷やして置いてくれてるとなお良いなと。良くないか。
[PR]

by pyoblog | 2010-08-26 12:04 | タワイディア