カテゴリ:はむてん( 2 )

 

今の私の気分はこんなカンジです。

デザイン・フェスタ vol.23に出展します(20日、B-156)

で、今の気分を絵に描いたらこんなカンジになりました。
a0008780_1704244.jpg


クマが私。(こんなに可愛くないけどねー)
[PR]

by pyoblog | 2006-05-19 17:02 | はむてん  

かまぼこ

お久しぶりです。ホント気ままな更新なので・・。



富山県の蒲鉾は渦巻いていて板が付いてないのが普通です。
渦巻いてるといっても「なると」みたいに中に渦巻いてるんじゃなくて
白い蒲鉾を薄くて歯ごたえのある蒲鉾で巻いてあるカンジ。

薄い方の蒲鉾には大抵色がついていて、赤いのを赤巻きと呼んだりもします。
赤があるからには他の色も。青巻きとか黄巻きとか。早口言葉みたいですね。

ちょっとゴージャスなのは昆布巻き。しっかりした昆布で巻いてあります。
高いモノほど厚めの昆布で巻いてあり、切り口の渦もちょっと波打ったみたいに
見えるのもあります。煮たり焼いたりせずそのまま醤油なんかつけて食べます。
ハッキリ言って良いモノはメチャ高いです。嫁ぎ先では正月のお重に入ります。

普通のうずまき蒲鉾は、煮たり焼いたり揚げたり生で食べたり。
さすがに青巻きを煮ると・・・サイテーな色あいになりますが味に変わりがあるでなし。
以前TV番組でグラタンなんていうのもやってました。
グラタンなんてヘンだ、と思っていたのですがこの前TVで北欧の食卓みたら
向こうの蒲鉾みたいなモノでグラタンしてたから、これはありなんですね。

渦巻いてない蒲鉾もあります。
祝い事の飾り蒲鉾は作ってるところを見学できれば楽しいです。
ケーキみたいに搾り袋に入った蒲鉾をにょーと出して飾るのが楽しい♪
富山でお祝い事がある方は荷物が蒲鉾で重くなるのを覚悟で行ってください。
鯛の形の蒲鉾は適当に切ってお裾分けになるのが昔は普通でした。

特筆すべきは地元で「やわらか」と呼ばれている渦無し板無し蒲鉾。
独特の食感と優しい味が他県の方を驚かせます。
っていうか、そんなにメズラシイモノとは知りませんでした。
東京のわりと「食いちろ」(訳:味にうるさい人)の方が
「絶対無い。初めて食べた。」と断言してました。
はんぺんじゃないのよ。昔っからある富山の蒲鉾です。

新鮮な魚介類で有名(なのかな?)な富山県ですが、この練り物に関しても
結構うるさくて自分の住んでるとこの蒲鉾が一番と主張しあってます。
それくらい場所によってハッキリとした特徴があります。

ちなみに、富山で素うどんを食べると、赤巻きの薄切り&とろろこんぶが入ってます。
(今はおしゃれな店が多いからどうかな~。庶民的な食堂のすうどんならこうです)

--------------------------------------------------------------

トッパンキャラクタープロダクションの「待ち受けプロ」で、お国自慢待ち受け画像を
提供しているのですが、そこに渦巻き蒲鉾を描いたので、ちょっと説明してみました。

これについては私のサイト「とんぴょんとこ」へ行ってみてね~。
[PR]

by pyoblog | 2004-05-29 21:14 | はむてん