カテゴリ:百式企画塾( 12 )

 

チョコのblogパーツ

この記事は百式企画塾への投稿記事です

百式企画塾については,こちらに詳しく書いてあります。楽しいよ。
「百式企画塾とは?」IDEA*IDEA

今回のお題:画期的なブロガー向けチョコを考えた!

お題詳細(IDEA*IDEAより引用)
そのブロガー向けチョコは、一見チョコとはまったく関係のない(A)と組み合わせることによって考案された。しかもブロガーが抱えている(B)という悩みを(C)という方法で解決しており、なおかつ(D)という工夫がされていたためブログ上で紹介せざるを得なかった。そのチョコの名前は(E)。

回答:
(A)買うブログパーツ
(B)自分のジャンルに興味のある人にしか読んでもらえない
(C)どの記事もチョコのシルエットになっている
(D)ブログパーツがブログに載ってないと全員プレゼントの内容がショボくなる
(E)100チョコ(数字はチョコの個数)

(ステキ命名できる人が毎回羨ましい)

回答概要:(あんまり画期的とも言えない回答に自分で反省。)
限定チョコ画像のブログパーツで、チョコのギフトボックスを摸した特設サイトとリンクしていて、チョコつながりの記事のスペースをもらえる。しかも投稿しないと、全員プレゼントがショホくなる条件がついている

回答解説:
どちらかというとブログポータルサイト(って言う言葉ある?)向けかな。
バレンタイン前に数量限定(100個とか)で募集する。
a0008780_15511820.jpg
a0008780_15513362.jpg

画像は全部違うし、選べない(ビターとかミルクとか選べても良いかも)
中に「○○三お手製チョコ画像あり!」とか「○○社提供限定○○○チョコバージョン」とか合っても楽しい。
で、チョコをクリックすると・・・・
a0008780_15515183.jpg

でっかいチョコ用ギフトボックスが描かれている、ブログポータル特設ページに行く。
そこには、クリックしたチョコ(つまり、とある条件を満たしてブログパーツとしてブログに張られているチョコ画像)のシルエットが並んでいる。
「とある条件」とは
1.マウスオーバー時のメッセージが設定されている
2.特設ブログに記事を投稿している
この2つの条件を満たさないと、ブログにパーツが貼れないの。
a0008780_1552511.jpg

で、条件を満たしたチョコがボックスの中にシルエットで表示されているんだけど、
この特設サイトでは、チョコシルエットをクリックすると、その特設サイト内ブログの
「そのチョコを持っているブロガーが投稿した記事」に直接飛ぶわけ。
当然、その記事を書いた人のブログにも、その記事から飛べるようになってる。

綺麗な箱に並んだ、美味しそうなチョコで、いつもと違う記事を読める、というのが、特設サイトを訪れた人のメリットで、いつもと違う読者層に記事を読んでもらうチャンスがあるというのが、ブロガーのメリット。
いちおう大テーマは「チョコ」とか「気持ち」とか「バレンタイン」とかに絞って、後は細かくジャンル分けしておけば、二度三度訪れる人にも親切(だし、書く方も書きやすい)

ここまでしても、画像だけもらって記事書かないとか、書くのをためらうとか、そういうことの無いように一工夫。
チョコの数はあらかじめ決まっているので、ボックスの中にいくつあれば何人投稿しているか丸わかり。で、ある一定数投稿があれば高級チョコの全プレが、もし、一定数に達しないときは、投稿されたチョコの画像だけが綺麗に並んだカード送付に留まる・・・あ、それでもウレシイわ。

でも、みんなでがんばれば、美味しいチョコがもらえる!
(というか、画像は「買う」のが一番良いでしょう。タダより効果有り)

応募者(チョコ画像が割り振られた人)のブログURLだけあらかじめ公開しておく・・・というのは
やり過ぎだね。(ちょっと考えたけど。「おまえ投稿してないやン!」とか責められるとコワイ)

こんなのどうでしょうか。すいません、フツーだった今回(いや、今回も)。
[PR]

by pyoblog | 2009-01-26 16:17 | 百式企画塾  

「この曜日だけカレンダー」

 追記(2008年2月2日22:37)                   
 画像中の文字が間違ってたので訂正してアップし直しました
 (そのままでもオモシロカッタんだけど・・・)


【百式企画塾】、今回は「カレンダー++」です。

カレンダーって、作ろうと思えば自分で作れそうなところが私は好きです。
(アイデアを本当に「形」にするって、とても大変なことだから・・・)

問題文はこちらです。
---------------------------------
年末年始になにかともらうカレンダー。しかし、「こんなにカレンダーあってもなぁ・・・」となってしまう人も多いのでは。そこであなたは「絶対に使ってもらえるカレンダー」を考えつきました。2009年のカレンダーのデファクトとなったその特徴的なカレンダーについて次のことを教えてください。
そのカレンダーは、オフィスでありがちな(A)という問題を、あなたが毎日使っている(B)にヒントをしつつ、(C)という機能を実装することによって、解決していた。そのカレンダーの名前は(D)。

※ よろしければ図解もどうぞ。
---------------------------------

以下は、私のバカ拙案です。

そのカレンダーは、オフィスでありがちな(A今日何曜日だ?で、来月2週目の会議は何日だ?)という問題を、あなたが毎日使っている(B日付が表示されている置き時計)にヒントをしつつ、(C見たい曜日だけ印刷されていて、且つ本日の日付はデジタル表示されている)という機能を実装することによって、解決していた。そのカレンダーの名前は(この曜日だけカレンダー)。

a0008780_22364271.jpg



このカレンダーに何の意味があんの?といわれると弱りますが・・・
曜日が決まってる事って案外多いかなー、と思ったので。
そして「今日は何日?」と聞かれたときに、マンスリーカレンダーを見て答えるって、ナンカヘンダナと思ったので。(どうしてわからない日にちを、数字の羅列の中から推測しなくてはいけないのか、という)

カレンダー付属の「液晶日めくり(?)」は薄っぺらくて、クリップで必要な月の所に留められます。
また、「いつもの○曜日の定例会議、今回だけは○日で」というときのために、訂正用の付箋もついていると便利。
「→ 月  日( )に変更」みたいに印刷されている付箋です。

という、こんなカレンダーどうでしょう?・・・ヘンだね。
[PR]

by pyoblog | 2008-02-02 18:33 | 百式企画塾  

希望する駅まで自転車を運んでくれるサービス

百式企画塾、今回のお題は画期的な傘です。
このお題で、そういえば傘を滅多にささない自分に気がつきました。ていうか、my雨傘を持たなくなって数年・・・。(日傘は持ってる。あと、急場凌ぎのビニル傘が)

問題
2008年、あなたは画期的な傘を思いついてしまいました。全世界の雨に悩める人々が狂喜乱舞したという、その傘について次のことを教えてください。
その傘は雨の日にみんなが感じている(A)という問題を、まさか傘と連動するなんて!という驚きの(B)なるアイテムと組み合わせることにより、(C)という方法で解決していた。その傘の名前は(D)。
※ よろしければ図解もどうぞ。

私の苦肉の策

傘は傘のままという、そういう意味で画期的ではない拙案ですが・・・

雨の日にみんなが感じている(自転車通勤途中に雨降ってきたよ!どーするオレ?)という問題を、まさか傘と連動するなんて!という驚きの(自転車を預けると代わりに貸してくれる傘が認証カード代わりと)なるアイテムと組み合わせることにより、(希望の駅まで自転車を届けてくれるサービス)という方法で解決していた。その傘の名前は(「帰りは晴れるかな?」)。

自転車通勤してるヒトが、一番雨で困ってそうな気がしたので。
朝の通勤時間限定サービスです。
1.雨が降り出したら、とにかく最寄りの駅に行く。
2.自転車を預けると、代わりに傘を貸してくれる。
3.自転車は、希望する駅(帰りに降りる電車の駅とかバスターミナル)の専用駐輪場に、夕方までに運ばれる。
4.傘が認証キーとなっていて、その傘と引き替えに自転車を引き取る
5.自分の家により近い駅から自分の家まで自転車で帰れる、または晴れてる日に引き取りにいける、というメリット

帰りはちょっとでもラクしたいと思うので、家の近くの駅まで自転車持ってきてもらえればいいな、という気持ちで考えました。傘持って自転車乗るのも大変そうだし。傘差し運転は危険だし。
・・・こんなのどうでしょう?
[PR]

by pyoblog | 2008-01-27 21:44 | 百式企画塾  

楊枝で投票(百式企画塾のお題を考える)

今年初めの私の脳トレは、

  百式企画塾『画期的な投票フォームを考える!』(協賛:岡本株式会社)
                                               です。

今回は、画期的な防臭靴下の開発・販売を行っている岡本株式会社との協賛企画です。
お題はこちら。
----------------------------------------------------------------------------------------
「今日もガンバレ!足クサ男」サイトでは「第2回 ぷ~んと足クサ川柳」を15日まで募集、その後2月上旬より一般投票による最終選考に移る予定です。
そこであなたは投票フォームに一工夫して、みんなが楽しんで投票してくれる仕組みを考えました。その仕組みについて以下のことを教えてください。

その投票フォームは一般的な投票フォームにありがちな(A)なる問題を(B)することによって解決していた。その画期的な投票フォームの名前は(C)。

※ よろしければ図解もしてください。
----------------------------------------------------------------------------------------

以下が私の拙案です。
その投票フォームは一般的な投票フォームにありがちな
(A選択項目は誰もが一番上から順番に読むので、
真ん中辺の項目がないがしろにされがち&迷っている内に「これだ!」という各個人の感覚が鈍くなりがちに)なる問題を、

(B項目がランダムに目に入り、しかも項目に対する自己ランキングを付けやすくする工夫を)
することによって解決していた。
その画期的な投票フォームの名前は(ぷっちんランキング)

図解
a0008780_19314032.jpg


補足説明

項目の数だけのシャボン玉が浮いている(シャボン玉表面には何も書いてない)
1個ずつ楊枝で割る
選択項目(今回の場合では川柳の短冊)が現れる
ピンと来たならとっておきスペースにドラッグ
そうでなければ2回つつく→シャボン玉に戻って何処かへ消える
(捨てちゃったりしないのは、項目を提案した人への心遣い)
それを、シャボン玉が全部突かれるまでつづける。
とっておきスペースに貯まった項目を検討し、一つを決定スペースにドラッグ
または、チェックボックスにチェック
→ドラッグ(チェック)と同時に金色のシャボン玉となって何処かへ飛んでく項目
(「コレでよろしいですか」のアラートは入れない。)
「投票完了!ありがとうございました!」の文字

FLASHで出来ると思う。(←イウノカンタンツクルノタイヘン)

このアイデアは、「バブルマップがDSで出たらいいなぁ」という自分の記事の応用編です。
バブルマップDS案では、出来たTODOからプッチンしてくというものでした。
(TODOはシャボン玉の外側に書いてある)
[PR]

by pyoblog | 2008-01-12 19:39 | 百式企画塾  

(百式企画塾応募アイデア)「書きたいトコはココしおり」

「百式企画塾」からの、クリスマスプレゼントなお題(25日がお題発表だった)はコレでした。
問題----------------------------------------------------------------------------------------
2008年、書籍はますますブログを通じて売られるようになりました。そのトレンドを受け、「ブログで書いてもらうためには、この付録は外せない!」という付録のアイディアが広まるようになりました。その付録について次のことを教えてください。
その付録は、ブロガーが(A)なときにブログを書きたくなるという習性を利用し、本文中にある(B)とも連動した(C)なる画期的な機能を搭載していた。その付録の名前は(C)。

※ もしよろしければ図解もどうぞ。
----------------------------------------------------------------------------------------------

今コレが有ればラクだよなぁという、超自分の都合で考えてみました。
回答
その付録は、ブロガーが(本から強烈な衝撃や感動を受けた直後)なときにブログを書きたくなるという習性を利用し、本文中にある(目次)とも連動した(本の内容を紹介するときにネタバレしにくく)なる画期的な機能を搭載していた。その付録の名前は(「書きたいトコはココしおり」)。

図解と説明・補足
a0008780_22174113.jpg

補足:図解には目次項目が入ってません。入れ忘れたんじゃなくて、その機能は文章を書いてる途中で思いついたから←計画性全くなし

説明:先ず、目次にナンバーがふってるのが前提。そのナンバーまたはページ数を示すルーラーと、ページでの行数を数えるためのルーラーが付いているしおりです。
透明な素材で出来ていて、右ページ(読んでいて大抵ページが膨れている?のが右ページ)でも計りやすいように押さえが付いています。
ISBN(本の識別ナンバーみたいなの)も入っていれば超便利。

本読んでてココオモシロイ!スゴイ!カンドウ!な部分はすぐ人に伝えたくなる衝動がありますが、ネタバレしてしまっては作者に申し訳が立ちません。また、本を新たに読む感動も薄れるかもしれません。それではツマラナイと思ったのです。
なので、本の何ページのココ!みたいなので、伝えてみては・・・というのは既にこのブログで試みている事なのですが、その時にこのしおりがあったら便利だな、と思った次第です。

なので、5秒で思いついたままを絵を描いて記事にしました。

ココまで凝ったしおりじゃなくていいから、その本自身のISBN入ったしおり入れておいてくれると、人に紹介しやすいのになぁ。(大抵その本とはまったく関係のない本の紹介が入ったしおりが入ってたり・・・するような気が。特に文庫)
[PR]

by pyoblog | 2007-12-26 22:20 | 百式企画塾  

断面を味わうパッケージ

百式企画塾の今回のお題は画期的な押し寿司のパッケージ。
お寿司屋さんとの連動企画です。美味しそうだった。
ちなみに、今回は美味しいお寿司のご褒美付きなので、皆さんも応募してみては?

で、いつもなんとなく思っていた「押し寿司を買ったときのモヤモヤ」解消も兼ねて考えてみました。

問題---------------------------------------------


生さば寿司で有名な「四季食彩 萩」ですが、あなたが考えたアイディアをもとに商品パッケージにある工夫をしたところ、売上がなんと2倍!になってしまいました。全国のお取り寄せ業者が「なるほど~!」と唸ったその工夫について以下のことを教えてください。
■ その工夫の詳細

以下のA、B、Cにあてはまる語句を答えてください(回答必須)。

その商品パッケージは「四季食彩 萩」ホームページの(A)コーナーと連動することによって、思わずブログに書きたくなる(B)という工夫がされていました。その工夫を凝らした新感覚パッケージの名前は(C)。

■ その工夫の図解

以下にその商品パッケージの工夫がわかるように図解してください(任意回答)。
---------------------------------------------


私のモヤモヤ:買ったときと食べるときのお寿司の姿が違うよね・・・(棒状→にぎり寿司型)

回答:
その商品パッケージは「四季食彩 萩」ホームページの(トップページのお寿司の紹介)コーナーと連動することによって、思わずブログに書きたくなる(断面がすぐ堪能できる)という工夫がされていました。その工夫を凝らした新感覚パッケージの名前は(開き扇)。

押し寿司はおめでたいっぽいご馳走なので、名前もそんなカンジで(誰か私にネーミングセンスを授けて下さい・・)


図解:
a0008780_1215188.jpg


重箱イメージの箱のフタを取ると、さらに黒い箱。こちらの箱の真ん中にスリットが入っている(底には入っていない←重要)スリットに包丁を入れ、両手でパカッと開くと、切り口が鮮やかに現れる。

そこにスリットが入っていないのは、寿司の下にバランを敷いて、切り口の美しさをさらに強調するため。真ん中から切ると、「旨いモンを食う」というイベント的にもイイと思う。

私のモヤモヤ(食べるときの形を早く知りたい)も解消。←私だけですか

こんなのどうでしょう。
[PR]

by pyoblog | 2007-12-13 12:12 | 百式企画塾  

葉ブラシ(または僅かな努力積み重ねを実感歯ブラシ)

楽しいIDEA*IDEAのお題、今回はこんなのでした。
百式からの出題-----------------------------------------------------------------------------
■ その歯ブラシの詳細
以下のA、B、Cにあてはまる語句を答えよ(必須)。

その歯ブラシは、人は(A)なときに幸せな気分になる、という性質を利用して、(B)なる機能を搭載していた。その結果、毎日の歯磨きが楽しくてしょうがない!という状態を生み出したこの歯ブラシの名前は(C)。
---------------------------------------------------------------------------------------------

人は(A僅かな努力の積み重ねがずっしり貯まってくるのが見えるよう)なときに幸せな気分になる、という性質を利用して、(B歯磨きの動きのカウント数によって育つオモチャのプランツと連動して、思わず磨く回数を増やしたく)なる機能を搭載していた。その結果、毎日の歯磨きが楽しくてしょうがない!という状態を生み出したこの歯ブラシの名前は(C葉ブラシ)。

・・・ネーミングセンスゼロでした。
a0008780_2143746.jpg


歯を磨く→動きをカウントして別の部屋のオモチャプランツが育つ→さらに企業で情報を管理、磨いた日数やカウント数に応じたメッセージ(磨き過ぎも弊害があるのでその時は警告を出す)
やプレゼント(限定味歯磨き粉とか?)を送る。または日数と磨き回数のバランスがある程度になると、プランツの鉢が開いて、イイモノが取り出せる。

家庭用のコンセントからネットに繋がるとか何とか、うろ覚えですが、そういうの利用すれば可能なんじゃないかな・・・?
それよりも、もっとマトモな名前無いでしょうか。

お詫び:画像中の漢字が間違ってるところがあります。ハハ。
[PR]

by pyoblog | 2007-11-30 21:55 | 百式企画塾  

ローテーションボウル


98のおばあちゃんが突然の入院で、目が回りました、っちゅう近況はおいといて。
今思いついたのでメモ書き。

IDEA*IDEAからの楽しい脳刺激お題、今週は『画期的な食器を考えた!』です。
(点線に挟まれた部分が問題文の引用です)

追記:大失敗。問題読み間違→箸やフォークなどの食器で、という部分が抜けていました
(2007.11.27.)全然ポイント外した回答してしまった・・
------------------------------------------------------------

画期的な食器の詳細

以下のA、B、Cにあてはまる語句を考えてください(回答必須)。

その食器はみんなが食事中になんとなく感じている(A)という問題を、(B)することで解決していました。その食器の名前は(C)。

-------------------------------------------------------------

画期的かどうか解りませんが、こんなのどうでしょう

ローテーションボウル(絵は後でアップ ・・・できるかなぁ)

その食器はみんなが食事中になんとなく感じている
(A底に沈んじゃってる具が見えなくて不安 )という問題を、
(Bボウルの底がググーと突然持ち上がって具がせりあがってくる)することで解決していました。その食器の名前は(Cローテーションボウル)。

シリコン素材で覆われた機械式のボウル。保温(または保冷)機能付き。
かなり大げさな大きさ。なので宴会向きだが、一人暮らしの食事のスパイスとしても最適。

ボウルというより、鍋に近いかも・・・。でもサラダにも使える。

一定時間をおいて突然ボウルの中央部分がせり出してくる。(同時に縁が下がるので汁はそちらに溜まる)十数秒後に元通りになる。
汁物ならば、中身が攪拌されるし、サラダや盛り合わせなら、底の具が持ち上がってくる。

宴会用なら「ザザザーン!」という波の音でも効果音に付けるとバカみたいで良い。
または、底の方に人形やメッセージを仕込んでおくのも・・・ヘンだね。

・・・・。眠たいと無責任なアイデアが出過ぎるのでこの辺で。
(これでも絵に起こした案を没にしてるのよー。忙しくてもアホな事はノンストップで思いつくのね)

追記の通り、ポイント外したしようもない案ですが、ワルノリでスケッチしてみました。
なんでこういうの思いついたのかって言うと、昨年の豆乳鍋宴会思い出したから。
・・・・具が見えん・・・。
a0008780_18505014.jpg

[PR]

by pyoblog | 2007-11-23 22:27 | 百式企画塾  

「お題」で脳を楽しく鍛える、ということ

IDEA*IDEA 百式管理人のライフハックブログ
ここで、最近ブロガーさん対象に「お題」がでます。「百式」がビジネス発想脳活性化促進系ブログなので、そういう関連の問題が多くなると思われますが、私のようなフワフワな立場なモノでもかなり楽しめます。

2回挑戦し結果発表見る度に、世の中には強力な発想力を持つ人がたくさんいるんだ、ということが解ってドキドキします。
(・・・そう、自分の案がコッパズカシイほどに・・・でも楽しいからやめないけど)


もっともっと、色々な人の発想力が見てみたい、という気分になります。
挑戦してみると楽しいですよ~。

今のところ、「お題」は百式で、発表はIDEA*IDEA でという形になっているようです。
[PR]

by pyoblog | 2007-11-20 14:17 | 百式企画塾  

方向転換フォーチュンクッキー(会議休憩用)

会議の休憩おやつ案その2

自分の考え方、意見を休憩後の会議でどう展開していこうか、というときに便利なクッキー。
(または塩せんべい)

2007年11月20日追記

既にこういうアイデアがありました。
ブログですよん「会議専用おやつ考えました 」
http://blogs.yahoo.co.jp/sxgqp921/11454.html


なので、私なりに考えた方はMore以下に。

More
[PR]

by pyoblog | 2007-11-13 17:14 | 百式企画塾