カテゴリ:ぴょ案( 66 )

 

早起きする理由を叫ぶ目覚ましがあればなぁ

目覚ましをかけていても、「何でこんな時間に鳴るんだよ!」的な逆ギレで二度寝。どうして覚えていないんだろう、その時間に起きなくちゃいけない理由を・・。

ということを解決するための時計があったらいいなと思いました。
音声録音できる目覚ましを持っている方ならば、すぐに応用できますね。

起きなければいけない理由を叫んで録音。それがアラーム。
とーび起きると思いますよ?
[PR]

by pyoblog | 2010-09-28 18:35 | ぴょ案  

夏休みの地味系自由研究:里帰り旅行記を前の年と比較する

(書く時期がちょっと遅かったかな、でも来年まではまだ間があるよね)

お盆休みにお里帰り。それを旅行記にするというのを、私も子供の頃やりました。
でも、「この手は一回切りしか使えない」とか「なんだか今年も殆ど同じ内容」とか、そういうのはややモッタイナイ。・・・ということに、里帰り中の甥っ子達を見て気がつきました。だって年々成長してるんだもの。

毎年同じ所に行って、同じ人に会うなら、最長6年間の比較データがあるって事ですよね!
継続して出来るって、面白いと思うんですよ。
それに、毎年「相変わらず」というわけにはいかないのが人の成長や人生ってもんです。
(「相変わらず」や、「お変わりなく」には「なんとか一年無事で良かった」という意味合いが込められてますものね・・・年取ってから実感ですよマジで)

なので、比較できるお里帰り旅行記なんてどうでしょう。

親が手を貸す部分としては、低学年のウチから始める フォーマットを作る、かなぁ?
なにか決まった形があると比較しやすいので、決まった場所で風景写真を撮るとか、家族写真を撮るとか、いつも聞く話題を設定するとかを、子供に提案することかな?

比べる物としては、自分といとこの身長くらべや、趣味の変遷や、親戚の方々とのお話の中で気がついたこと
なんかどうでしょう。

同じフォーマットで作り続ける(のは意外と難しいけど)、その最終学年の時は、数年分をどどーんと並べて見せる演出もありなのでは。
[PR]

by pyoblog | 2010-08-17 17:52 | ぴょ案  

タイムカード的な生存確認サービスがあったらな

追記:なんだか誤字脱字が多いので直しました・・

個人で仕事を請け負ってるとき・・・もし今、何かあったらどう連絡つけようかなとか思います。たまに。
イラストレーター関連のメールマガジンにも、請負中に事故で入院とか、そういう記事が載ってたときがあって、「本人しか伝達できる人がいないのに、本人がそうできない状況が一番怖い」と、思っています。
なので、「今日は生きてます報告」みたいのを受け付けるサービスがあればなと思いました。

既に「お年寄り見守りサービス」で、一定期間電化製品に動きがないと連絡するみたいなのはあります。
今の場合はもう少し能動的。会社に出勤したときにタイムカードを押すような、そんなカンジ。

たとえばこんなのはどうかなぁ?
一定期間(仕事の請負期間)を登録して、朝、必ず自分のページにアクセスする、だけ。
マイページは、仕事先の方と共有する。
一日でもアクセスがないと(休業日を除く)、マイページにアラートが出る。クライアントがそのページを見ていれば、クライアントは電話連絡やメールといった何らかのアクションをクライアント側からおこなえるチャンスがある
3日間、もしくは指定日にアクセスがないと、クライアントにサービス会社から緊急メールまたは電話が届く。

ちなみに・・・私の場合、仕事中途で万一のことがあったらここ(その時点で関わっている仕事先)に至急連絡してね、というメモを「冠婚葬祭おつきあいノート」に挟んでいます・・・・。
[PR]

by pyoblog | 2010-04-30 13:07 | ぴょ案  

少々古くなった頃の製品の予想画像を見せてくれるサービスがあったらな

こんなサービスがあったらな、というのをメモ。

「新」製品がユーザーの手になじんで数年経過した頃、こんな風姿になってるだろうなという「予測画像」が紹介されているサービスがあったら面白いんじゃないかと。

もし、そういう画像がアップされているサイトであれば、今のところ2つのことが可能です。
一つは「その新製品のことを売りっぱなしにしない感」(あくまでもイメージ、だけど)=「信頼感、親近感」。
もう一つは、その製品の「年を経て加えられる良さ」がわかる点。これは、皮革製品を扱っているお店ならば、既に行っているかもしれませんね。私の革財布も、数年かけて良いツヤになってきましたよ。←余談

・・・と、新製品の紹介ページを見て思いました。
[PR]

by pyoblog | 2010-04-15 09:54 | ぴょ案  

風邪引きさん用アイスクリームがあったらな

NHKの朝の番組で、風邪で食欲がないときの食事の一つとして、アイスクリームがとりあげられていました。

で、思いついたんだけど、
「一口か二口サイズの大きさの、風邪引きさん専用アイスクリーム」とかあったらいいかなとか。
他のアイスよりもちょっとだけ栄養的にバランスがとれてて、でも味わいや舌ざわりはいつものアイス。
押し出し型のケースに入っていて、使う分だけ押し出して取り出せるので、無駄が出ないとか。
(風邪の時はそんなに食べられないから・・・)
溶けた状態で常温保存できて、風邪ひきそうなときに冷凍庫にスタンバイとか。

一口アイスは、市販でも色々あるけどね・・カップのバニラアイス派のひとりごとでしたー
[PR]

by pyoblog | 2009-10-20 10:28 | ぴょ案  

ストリートビューは、ピンホールカメラで

グーグルマップのストリートビュー(カタカナなのは、私が実際に見たこと無いものだから)は、
ピンホールカメラで撮影したらどうかな?

ニュースで耳にする「ストリートビュー」の話から、そう思った。
地図だけからはわからない街の様子を補足するための写真という意味合いなら、
長時間変わらないものだけが写っているのがいいと思う。

賑やかなイメージの場所をそのように切り取るのは、あくまでも地図情報の小さなピースではと思う。
雑踏で隠れてしまう郵便ポストやマンホールのフタ、そういうものが必要になる場合があるかもしれない。


ピンホールカメラは瞬間で消えるものは写さないので、ちょうどいいと思う。
高速なイメージのネットに、ゆったりしたものが重要な役割をプラスするのも、カッコイイ。

世界中のピンホールカメラマンが、その瞬間に変わらないものを写すっていうのも、なんかイカスと思うんですが。

定点観測のように、数年に一度写真を更新するのもいい。

もし、そういうことが実現するなら、グーグルは各カメラマンに報酬を払って欲しいな。
タダバタラキは駄目よん。(両方に言ってるよ)
[PR]

by pyoblog | 2009-07-01 10:34 | ぴょ案  

立ち上げると複数の用途別の「ホームページ」が立ち上がるブラウザ

・・・が、あるとイイと今思ったのでメモ。
文字の意味を調べながらネットすることが多いので、私がパソコンを使うときはツインモニターの右にメインに読んでるブラウザ、左に辞書系のページを開いているブラウザがあることが多いです。

最初に開くのはパソコンを買ったときに設定されてたのが便利なのでそのまま使っていますが(ゲートウェイのサポートページリンクが表示されているグーグルのページ)、辞書のために別のブラウザを立ち上げるのに2アクションいるのが面倒なので。それだけなんだけど・・。

タブで切り替えりゃいいじゃんという方法もあるんだけど、並べてみてないと、調べた意味をすぐに忘れるのよ、アホだから。

いっそ、ブラウザを立ち上げたら2つ別々にブラウザが開くとか、それがホームと辞書のページだったらどんなに都合が良いだろうなとか思いました(なんかうまいこと言えないなぁ、伝わってます?)
[PR]

by pyoblog | 2009-04-21 11:01 | ぴょ案  

卒業したら教科書を「買う」

入学時は、学校にある教科書をタダでもらって、卒業するときに新しい学年のための教科書を買って置いていく、というのはどうでしょう。
買う人は、教科書に書き込みをしたり、落書きをしたり、また、教科書そのものに思い入れや実用の価値を見いだしている人。
買う必要のない人は、教科書を綺麗に使った人。教科書に思い入れがない人。

基本「教科書は学校に残していく」というスタンスで、どうしても手元に置いておきたい人は「新品を買っておいていく」というのは、どうかな?
                            ・・・・・・・・

いつだったかずいぶん前、「アメリカの学校では教科書は貸与なので絶対に落書きやかきこみはしない」みたいな話をTVで聞いた。いまでもそうなんだろうか。
そういうのが日本でもあればいいと思う。
というか、教科書や辞書は、一人2冊は要るでしょう。学校での学習用と、家庭学習用。
されど、教科書費は結構お高くつく。
でも、毎年毎年「ムダに」用済みになっていく教科書が大量に出るというのは・・・。
後数年(日本は指導要領の改訂多いからな)は使えるっしょ?
ということで、提案。どうでしょう?
[PR]

by pyoblog | 2009-04-17 13:56 | ぴょ案  

とんぴょのバカ料理:鶏肉を「浅漬けの素」に漬けてみた

こんちは。

私は「浅漬けの素」(液体のヤツね)でキュウリの浅漬けを漬けているたび、いつも考えてました
「これで、お肉を漬けたらどうなるんだろう?」

で、やってみたよ。

More
[PR]

by pyoblog | 2009-04-17 13:39 | ぴょ案  

カバンに入るmyゴミ箱

素朴ーに思う事を記事に。

たとえば外出先で「鼻をかんだ」とか「ガムを噛んだ」(基本的に、私自身はガムは好きだけど、戸外でガムをくちゃくちゃやってるのは好きじゃない)、「アメちゃんをなめた」とか「このメモもう要らないや」などで出る、小さなゴミ。


なんで外で捨てなきゃいけないんだ?とか。自分で持ってろよ?とか。
自分ちのゴミ箱まで持ってけばいいじゃん?とか、たまーに思うので
(オエライ心がけとかじゃなくて、単純に近くにゴミ捨てがないときに思う)

カバンの中に入る小さなゴミポケットがあればなと思います。
家庭ゴミは定期的に収集するシステムがあるし、分別もし易いし。
人のゴミは触りたくないが自分のなら、まあ触れるので。

街中で出す自分ゴミって、そんなデカイものないはずなので、カバンにしまってもたいしたことないような・・・そもそも、タバコを吸う人は、携帯灰皿持ってるよね。(その灰を外で捨てられちゃたまりませんが)あのノリで、チリ紙程度のゴミはスマートに片付けたい。
オシャレして外出した先で、鼻をかんだ紙もってウロウロは微妙だしね・・・。

なんでそんなことを度々思うのか。それはね。
車に乗るたびに、ドアの手をかける所にゴミをつっこむ人が身近にいるからなのさ。
やめてくれー(中古だけど買い換えたばっかだっちゅーの)
[PR]

by pyoblog | 2009-01-30 09:56 | ぴょ案