カテゴリ:ぴょ案( 66 )

 

カレンダーハガキ

ひと月だけしか見たくないから。



カレンダーが出回る季節(もう遅いくらいかもね)
私は近年、カレンダーはもらうものから買うものへと変わりました。

今年はイラストレーターのこやまけいこさんのカレンダーを愛用しているんだけれど
・・・なんか来年度の制作され無さそうな予感(涙)。

新しいのを探そうか。作るという手もあるんですが、自分の絵のカレンダーだと
カレンダーめくって未知の絵を見るワクワク感がないのでつまんないです。

それは買ってくるカレンダーでもそう。見たことのない絵が手元にあるのに、
待たなくちゃいけないでしょ?我慢できなくて次の月のをぺらっとめくったら・・
次の月の楽しみが数パーセントへってしまうんですよ。

よくハガキサイズのカレンダーありますよね。
せっかくだから、一月分だけ店頭で販売して(または見本の絵のついたハガキを販売)
後の月のは絵はがきとして郵送してくれないかなぁ。

カレンダーはクリスマス前に出回るんだから、クリスマスカードとして使えるカードを
販売して、そのカードについて着た申込書を送ると毎月カレンダー付ハガキが来る
のなんてどうでしょう?

ハガキが来る楽しみ、知らない絵を見る楽しみ、ついでにコメントなんかも添えてあれば
それを読む楽しみもあるし。
毎月ちがうイラストレーター(12人)のハガキが来るのも素敵だなぁ。

カレンダーの数字の部分だけ買ってきて、毎月来るハガキを飾るスペースが付いてるのも
たのしいかもね。

やってみようかなぁ。
[PR]

by pyoblog | 2004-11-25 13:16 | ぴょ案  

日常の中で歌っている、という姿

子供番組を見てて思いました。
童謡を歌うお父さんお母さんの映像があるといいのに。

直立不動で歌ったり子供とにこやかに歌ってるんじゃなくて
例えば・・・

満員電車から解放されて階段を上っているお父さんが歌う「アイアイ」
洗濯物を干しながらお母さんがつぶやく「みかんの花咲く丘」
仕事で移動中にお父さんが口ずさむ「夏は来ぬ」
会社帰り、スーパーの袋を3つも抱えながらお母さんが歌う「どんぐりころころ」

お父さんお母さんが自分のために自分が歌っているという状況を
子供が見ると新鮮な驚きじゃないかと。
[PR]

by pyoblog | 2004-04-25 02:46 | ぴょ案  

クリアファイルでお金の整理

たいしたことじゃないんですが・・

お祭りでお花代の計算のお手伝いしてたとき
紙幣をまとめておく入れ物がなくて、やむをえず
役員さんが持っていたクリアファイルに紙幣をはさんでいました。
(透明なぺらぺらのプラフィルムが合わさってる片空きの紙入れのことね)

何だかすごく使い勝手が良かった!
ぱっぱとはさめるし、押さえがきくから
箱に入れたときのように紙幣が広がったり崩れたりしない。
思ったよりも多くはさめるし。取り出しやすいし。コンパクト。
紙幣も紙だから、やっぱり紙の整理に便利なものは役に立つのかな?

弱点はファイルの「あき」の向きに気をつけて運ばないと全部落ちちゃうこと。
[PR]

by pyoblog | 2004-04-17 23:05 | ぴょ案  

孤独なカフェ

あったらいいなぁ、と思うカフェ。
中にはいると一面のガラス張り。ガラスの向こうには美しい風景。
がらんとした広い空間には何もありません。

まず渡されるのは底に小さな車輪の付いた椅子付のミニテーブルで
好みの飲み物を受け取ったら、自分で一番落ち着ける風景の見える
場所までテーブルを押して移動します。

大温室のような大きなホールの中で
お互いの距離を十分に取りながら
読書したり、景色を眺めたりします。
椅子に座って床を蹴りながら
静かにホール内を一周してもいい。
かすかな食器の音とテーブルを動かす車の音だけがBGMです。
床はリノリウムがいいなぁ。
[PR]

by pyoblog | 2004-03-24 22:55 | ぴょ案  

てをつなぐ

てをつなごう、わになろう って

歌や標語やなんやかやにあるけど

実際みんなで手をつないでみたらどうでしょう。

広いところでやるんじゃなくて
学校なら玄関から校長室・教室・会談・音楽室・廊下
ぐねぐねと人の列手をつないで並んで
ゆっくりゆっくり全体を一周するの。

端で見てたら結構楽しいかも?(不気味かな)

地続きのところなら、どれくらいのスケールでできるかな?
北海道一周とか。
[PR]

by pyoblog | 2004-03-15 11:59 | ぴょ案  

ぴょ案とは(説明)

「ぴょ案」のカテゴリに入るものは、
私がひょろっと思いついた雑多な事柄。
「こんなことあるといい」とか、「こんなアイデアどうだろう」とか。
くだらないことや、しょうもないことが多いでしょうね。

もし、記事に書いてあることやもので
「それならこういうものが実際にあるよ」と教えていただければ
たいへん嬉しいです。

というか、そこらへんをちょっと期待してたり。
[PR]

by pyoblog | 2004-03-15 11:23 | ぴょ案