<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

「お散歩」

(健康とか、ウォーキングとかとはまったく関係ない記事です)

パソコンに向かうと先ずする事は、セキュリティソフトの手動更新。
(いや・・自動に設定してるんだけど、長年?の習慣で)
次にメールチェック。
次に散歩。

毎朝チェックするサイトは「お散歩」フォルダに入っています。
たまに良いサイトが見つかると、「お散歩」フォルダに入れておきます。
毎日が勉強なので、勉強用サイトも「お散歩」フォルダに放り込んであります。

そんだけ。

うーん、何が言いたかったんだ私は。
「大事なことは散歩」っていう響きが好きだよ、って言いたかったのかな?

ちなみに、散歩コースは3種あって、
そぞろ歩き(センスの良いサイトや好きなサイトをそぞろ歩く)
毎朝チェック(百式+FLASHやイラストのサイト。勉強半分。心のオアシスの「今日の写真日記(JR東日本の「そうだ、京都行こう」の一ページ)もここに入ってる)
毎朝勉強(主にDTPとビジネス)

・・・の3種です。
勉強の散歩は、毎日毎日同じ項目を読み返し・・・だってすぐに忘れるから。
独学って大変なんだよ~、誰もテストしてくんないからねぇ。
[PR]

by pyoblog | 2007-03-30 14:21 | ぴょ考  

ホーン・スティック

おもちゃのトランシーバーが懐かしい。
ほぼ確実に、電話の向こうは決まった相手一人だけだから。

「何時でも、何処でも、誰にでも誰からでも」という携帯電話は便利です。
でも、そこまで便利じゃなくてイイから、トランシーバーのように2個一組で
その一方にしか連絡が取れない、そういう物が欲しい。
(もちろん着信音等で振り分けとかできるし、キッズケータイやシニアケータイのような
通信限定のもあるけど、もっともっと究極にシンプルなのが欲しいの)

例えば5×5×40くらいの直方体で、首に下げても、ポケットにさしても良いみたいなデザイン。
「ただの棒だろ?」ってなくらいシンプルな方がイイ。
連絡が来るとプチッと音がして震える(そんな程度の着信)
で、ただ話せるだけ。しかも一通話1分だけ。面倒な話は普通のケータイでしてください。
せめて防犯ブザー機能付き?

2個一組で販売。(ファミリー向けに4個組とかも)
ちょっとチープなプラスティックで2つを連結しておいて、購入したら「キットカット」のようにパキンと割って半分こ、というのも楽しい。

そういう「トランシーバー型携帯電話」欲しいです。


               (電話は線で繋がってるのが未だに好き・・な、私の意見でした)
[PR]

by pyoblog | 2007-03-29 10:47 | ぴょ案  

キャラメル・キー

昨日の「百式」に紹介されていた『Logic Keyboard』、この記事の写真がステキだった。
バラバラと袋からこぼれている白いキー。
キャラメルみたいだ。
キャラメルの包み紙の裏にそういうシールを作って貼って、4月1日に夫にあげようかな?


『Logic Keyboard』はアプリケーションソフトのショートカットキーを販売しているのだと、
記事に書いてあった。
私だったら、普段使っていないショートカットのキーが欲しいなぁ。
それもいいけど、ロック機能がついているキー売ってないかなぁ。
拡大縮小時に、今でも時々スタートメニューが立ち上がるので・・・(手元見てない)

こういうのは、コレクションとしてもコレクター心くすぐる商品なような気がする。
いろんなキーを集めたくなるかも。持っていないソフトのショートカットキーとか(遠い目)
いっそ、「印刷してある字が可愛いキー」とか販売すればどうだろう。
ブロックみたいにカラフルなキーとかも。好みの色に入れ替えたり、気分で付け替えとか。
「携帯のキーをアクセサリー」というニュースもTVで見たし、元々可愛い造形の物だったんだね。
ん?キーボードが派手だと、手元がチカチカして使いづらい?
いや、ブラインドタッチができれば大丈夫♪
[PR]

by pyoblog | 2007-03-29 10:24 | ぴょ考  

旅行の後のほうが理解度が深まる

旅行から帰った後で、ニュースや新聞で旅行先のことを言っていたりすると
つい注目してしまいます。
地図やガイドブックも、旅行の後に見返すと「ああ、ここは今こうだったよね~」とか
「ここは知らずに入ったけど、美味しいお店だったな」とか
「こっちのルートの方が得だったじゃん」とガッカリしたりとか。


実は先日大阪に行って来たのですが、今回忙しくて調べ物をするヒマがあまりなかったの。
ガイドも地図もとりあえずプリントアウトしてはみたものの、見たのは帰りの電車内だったりして(笑

でも、なんだか「行って、見て、わかった分」だけ、頭に地図がスーッと入ってきました。
(普段は同じ場所の違う地図を数パターン用意して見比べないと解った気がしない)
さらに思い出も加わって、地図読んでてとても楽しくなった。
良い旅の締めくくりになりました。

社会見学や修学旅行って、事前の調べ物がたいへんで、当日は調べた物の確認で終わっちゃうことないですか?

もし教育効果を狙うなら、直後の学習が効果的なような気がします。
たとえ行った所が遊び目的がメインの「ねずみーらんど」でも「うにばーさる」でも
行った場所や体験したテーマから学習材料に結びつけることは、先生ならできる、
と思ったりしています。
[PR]

by pyoblog | 2007-03-19 13:46 | ぴょ考