<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

5限目のカンペンケース

(の、落下音)・・・って、スゴク心臓に悪いくらいに目がさめたような気がします(遠い昔の話)

目覚まし時計に応用できないかなー、あ、でもショックが強すぎて良くないかも。
[PR]

by pyoblog | 2008-01-31 22:10 | タワイディア  

希望する駅まで自転車を運んでくれるサービス

百式企画塾、今回のお題は画期的な傘です。
このお題で、そういえば傘を滅多にささない自分に気がつきました。ていうか、my雨傘を持たなくなって数年・・・。(日傘は持ってる。あと、急場凌ぎのビニル傘が)

問題
2008年、あなたは画期的な傘を思いついてしまいました。全世界の雨に悩める人々が狂喜乱舞したという、その傘について次のことを教えてください。
その傘は雨の日にみんなが感じている(A)という問題を、まさか傘と連動するなんて!という驚きの(B)なるアイテムと組み合わせることにより、(C)という方法で解決していた。その傘の名前は(D)。
※ よろしければ図解もどうぞ。

私の苦肉の策

傘は傘のままという、そういう意味で画期的ではない拙案ですが・・・

雨の日にみんなが感じている(自転車通勤途中に雨降ってきたよ!どーするオレ?)という問題を、まさか傘と連動するなんて!という驚きの(自転車を預けると代わりに貸してくれる傘が認証カード代わりと)なるアイテムと組み合わせることにより、(希望の駅まで自転車を届けてくれるサービス)という方法で解決していた。その傘の名前は(「帰りは晴れるかな?」)。

自転車通勤してるヒトが、一番雨で困ってそうな気がしたので。
朝の通勤時間限定サービスです。
1.雨が降り出したら、とにかく最寄りの駅に行く。
2.自転車を預けると、代わりに傘を貸してくれる。
3.自転車は、希望する駅(帰りに降りる電車の駅とかバスターミナル)の専用駐輪場に、夕方までに運ばれる。
4.傘が認証キーとなっていて、その傘と引き替えに自転車を引き取る
5.自分の家により近い駅から自分の家まで自転車で帰れる、または晴れてる日に引き取りにいける、というメリット

帰りはちょっとでもラクしたいと思うので、家の近くの駅まで自転車持ってきてもらえればいいな、という気持ちで考えました。傘持って自転車乗るのも大変そうだし。傘差し運転は危険だし。
・・・こんなのどうでしょう?
[PR]

by pyoblog | 2008-01-27 21:44 | 百式企画塾  

コネクタ形が描かれている缶バッジ

(自分のためのメモ でも誰かの役に立つかな?)

アダプタやコードが多い我が家。ゲーム機とか携帯とかパソコン周りのとか。

それぞれを小さな巾着に入れて、スチルラックにS字フックでズラッとぶら下げてあります。
何が入ってるのか判るように、コネクタ部分だけちょろっと出しているんですが、(私はコレがカワイイと思っているんだけど)一番ホコリから守りたいところが出てるのはちょっと・・・。

で、さっき思いついたんでメモ。
a0008780_13213467.jpg


名札でもいいんだけど、コネクタ形状が描かれているのがカッコイイような気がする。
普段使ってる物なので、コネクタ形状さえ見れば使いたいものが判るから困らないし。
「缶バッジグー!」(缶バッジ製造オモチャ)持ってるし・・・って、全部私の仕事になるのか・・・。
いや、楽しそうだけど。
片付けない人たち(ダンナと子供達)に作業して欲しいところです。
[PR]

by pyoblog | 2008-01-22 13:27 | ぴょ案  

スミス体験

映画を見ていないけれど宣伝は見た。スミスという名前の同じヒトが沢山湧いてくる場面。
(あれは笑うところ・・・じゃないんだろうなぁ・・・映画見ていないので怖さが伝わってこない)

あれを、例えば新入社員研修でつかったらどうでしょう。
会社勤めをしていないので詳しくは知りませんが、知らないヒト(←笑 社内外問わず)への挨拶の仕方など、会社の常識を一から教えているのかなとか思うので。

目的は「慣れる」こと。

プロの指導員が100人。同じようなスーツに黒眼鏡。偽名刺をもっている。
その方々が、ほどよく広めの会議室に散らばっている。
事前に机上?研修を終えた新入社員(できれば20人未満)をその会議室に導く。
新入社員にも偽肩書きの名刺を持たせておく。

習ったとおりに挨拶をし、多くの偽名刺を交換する。
恐らくとまどっている社員もいると思うので、指導員が積極的に声を掛ける。
やりとりに不備があった場合、それを責めず(そのために眼鏡をかけて表情を消す)すかさず指導員が今の不備点を指摘しもう一度繰り返しをさせる。
一人あたりのやり取りに時間を掛けない。長くなりそうなときは脇から他の指導員が挨拶を仕掛けてくるようにする。

いくつかミッション(笑)を用意しても良い。多くの指導員の中から架空の取引先に指定した人を捜し当て、営業の練習をするとか。いきなり携帯を鳴らしてみるとか(とっさの応対の練習)

先様に新入社員のトンデモオモシロイやり取りの失敗をみせるのも一興かと思うけど、
とにかく型に決まっていることは数をこなして慣れるのが一番かなぁと思った次第です。
社員の気持ちを早く仕事の中身にシフトするのが良いと思います。
[PR]

by pyoblog | 2008-01-21 20:13 | タワイディア  

楊枝で投票(百式企画塾のお題を考える)

今年初めの私の脳トレは、

  百式企画塾『画期的な投票フォームを考える!』(協賛:岡本株式会社)
                                               です。

今回は、画期的な防臭靴下の開発・販売を行っている岡本株式会社との協賛企画です。
お題はこちら。
----------------------------------------------------------------------------------------
「今日もガンバレ!足クサ男」サイトでは「第2回 ぷ~んと足クサ川柳」を15日まで募集、その後2月上旬より一般投票による最終選考に移る予定です。
そこであなたは投票フォームに一工夫して、みんなが楽しんで投票してくれる仕組みを考えました。その仕組みについて以下のことを教えてください。

その投票フォームは一般的な投票フォームにありがちな(A)なる問題を(B)することによって解決していた。その画期的な投票フォームの名前は(C)。

※ よろしければ図解もしてください。
----------------------------------------------------------------------------------------

以下が私の拙案です。
その投票フォームは一般的な投票フォームにありがちな
(A選択項目は誰もが一番上から順番に読むので、
真ん中辺の項目がないがしろにされがち&迷っている内に「これだ!」という各個人の感覚が鈍くなりがちに)なる問題を、

(B項目がランダムに目に入り、しかも項目に対する自己ランキングを付けやすくする工夫を)
することによって解決していた。
その画期的な投票フォームの名前は(ぷっちんランキング)

図解
a0008780_19314032.jpg


補足説明

項目の数だけのシャボン玉が浮いている(シャボン玉表面には何も書いてない)
1個ずつ楊枝で割る
選択項目(今回の場合では川柳の短冊)が現れる
ピンと来たならとっておきスペースにドラッグ
そうでなければ2回つつく→シャボン玉に戻って何処かへ消える
(捨てちゃったりしないのは、項目を提案した人への心遣い)
それを、シャボン玉が全部突かれるまでつづける。
とっておきスペースに貯まった項目を検討し、一つを決定スペースにドラッグ
または、チェックボックスにチェック
→ドラッグ(チェック)と同時に金色のシャボン玉となって何処かへ飛んでく項目
(「コレでよろしいですか」のアラートは入れない。)
「投票完了!ありがとうございました!」の文字

FLASHで出来ると思う。(←イウノカンタンツクルノタイヘン)

このアイデアは、「バブルマップがDSで出たらいいなぁ」という自分の記事の応用編です。
バブルマップDS案では、出来たTODOからプッチンしてくというものでした。
(TODOはシャボン玉の外側に書いてある)
[PR]

by pyoblog | 2008-01-12 19:39 | 百式企画塾  

HAPPY CARD 展 vol.1(JILLAギャラリー 1/10~1/20)

明けましておめでとうございます。今年もヨロシクです。

年賀状やクリスマスカードなど、HAPPYなグリーティングカードで年明けを飾る、
「HAPPY CARD 展 vol.1」が、東京都世田谷区多摩川のJILLAギャラリーで開催されます。

「HAPPY CARD 展 vol.1」
期間:1/10(thu)~20(sun) 11:00~19:00 ※15日(tue)休廊
場所:JILLA ギャラリー( 東京都世田谷区玉川3-21-1 アーバンコート玉川3F)

私も地味な年賀状を出展しています。
オトナシ過ぎて、沢山のエネルギッシュなカード達に埋もれているかもね。
でも、絵に緊張感は出せたと思うの(年賀で緊張感もどうかと)

言い訳:家族皆で「今年は奇抜じゃないのがイイ」と。
そんなヘンな年賀状作ってないぞ毎年!(どうだろう)


蛇足:昨年の大晦日に親戚のおばあちゃんが亡くなって、正月どころではありませんでした。
[PR]

by pyoblog | 2008-01-09 18:53 | お知らせ  

ドライブスルーで待ち合わせ

暮れの忙しい頃、残業の夫を迎えに行った時に思いついたこと。
とにかく車を止める(停車して待っている)場所がない!のが困ったので。
それと、市内にドライブスルーのスタバが出来たと言うのを聞いたので。

ドライブスルーのあるカフェ。
でもドライブスルーでモノは売ってないの。
車が入ってくる方向に向かって窓があって、カウンター席がソコに付いてる。
店内ではコーヒーや軽食が販売されているけど、持ち帰り可能な状態で売ってる。
ドライブスルーに車が入ってくると、店内放送が車の種類とナンバーを告げるので、
自分を迎えに来た人の車かどうかすぐ判る。
該当する人がドライブスルー側の出入り口から出る事が出来る(そこで精算してもいい)

ドライブスルーに入った車は、停車2分の猶予がある。時間が過ぎると車を出さなくてはいけない・・・んだけど、出るときに「このカフェに回って帰ってくる道順の地図」を渡してもらえるので、
ちょっとそこらを一周してまた戻ってくることが出来る。

カフェで待っている人は、あらかじめ待ち合わせ時間を決めておく必要がある。
(それをカフェに提示しなくてはいけない)
もし、何らかの理由で待ち合わせをキャンセルしなくてはいけないときは、カフェの人に伝言を託すことも出来る。


こんなカフェがあったら、ジャマな違法停車に困ることもないし、車が常に流れている状況なので少しは渋滞緩和にもなる、かな?
なんかワルイコトにも使われそうな気もしないわけじゃないけど、このカフェ自体をオマワリサンが経営すればオッケー(笑)

なんて言うことを、ちょっとお酒が入った頭で書きました。
[PR]

by pyoblog | 2008-01-02 23:46 | タワイディア  

読書ライブ2「秘伝すごい会議」

時間がないと言えるちょっとの時間に、ちょっとずつでも読むぞーの読書始め。

読んでいる本 「秘伝すごい会議」 大橋禅太郎 雨宮幸弘 
ISBN 978-4-479-79216-1

読みながら達成する自分のテーマ:一人会議の実践方法

 1.2008年1月2日23:17~23:27

2.2008年1月9日21:40~~22:01

3.2008年1月21日18:36~

4.2008年1月28日15:58~

5.2008.1.29.18:00~

6.2008.1.30.20:03~

7. 2008.1.31. 21:48~

8.2008.2.1.19:13~

9.2008.2.2.22:16~

10.2008.2.11.12:13~

More
[PR]

by pyoblog | 2008-01-02 23:30