<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

カバンに入るmyゴミ箱

素朴ーに思う事を記事に。

たとえば外出先で「鼻をかんだ」とか「ガムを噛んだ」(基本的に、私自身はガムは好きだけど、戸外でガムをくちゃくちゃやってるのは好きじゃない)、「アメちゃんをなめた」とか「このメモもう要らないや」などで出る、小さなゴミ。


なんで外で捨てなきゃいけないんだ?とか。自分で持ってろよ?とか。
自分ちのゴミ箱まで持ってけばいいじゃん?とか、たまーに思うので
(オエライ心がけとかじゃなくて、単純に近くにゴミ捨てがないときに思う)

カバンの中に入る小さなゴミポケットがあればなと思います。
家庭ゴミは定期的に収集するシステムがあるし、分別もし易いし。
人のゴミは触りたくないが自分のなら、まあ触れるので。

街中で出す自分ゴミって、そんなデカイものないはずなので、カバンにしまってもたいしたことないような・・・そもそも、タバコを吸う人は、携帯灰皿持ってるよね。(その灰を外で捨てられちゃたまりませんが)あのノリで、チリ紙程度のゴミはスマートに片付けたい。
オシャレして外出した先で、鼻をかんだ紙もってウロウロは微妙だしね・・・。

なんでそんなことを度々思うのか。それはね。
車に乗るたびに、ドアの手をかける所にゴミをつっこむ人が身近にいるからなのさ。
やめてくれー(中古だけど買い換えたばっかだっちゅーの)
[PR]

by pyoblog | 2009-01-30 09:56 | ぴょ案  

チョコのblogパーツ

この記事は百式企画塾への投稿記事です

百式企画塾については,こちらに詳しく書いてあります。楽しいよ。
「百式企画塾とは?」IDEA*IDEA

今回のお題:画期的なブロガー向けチョコを考えた!

お題詳細(IDEA*IDEAより引用)
そのブロガー向けチョコは、一見チョコとはまったく関係のない(A)と組み合わせることによって考案された。しかもブロガーが抱えている(B)という悩みを(C)という方法で解決しており、なおかつ(D)という工夫がされていたためブログ上で紹介せざるを得なかった。そのチョコの名前は(E)。

回答:
(A)買うブログパーツ
(B)自分のジャンルに興味のある人にしか読んでもらえない
(C)どの記事もチョコのシルエットになっている
(D)ブログパーツがブログに載ってないと全員プレゼントの内容がショボくなる
(E)100チョコ(数字はチョコの個数)

(ステキ命名できる人が毎回羨ましい)

回答概要:(あんまり画期的とも言えない回答に自分で反省。)
限定チョコ画像のブログパーツで、チョコのギフトボックスを摸した特設サイトとリンクしていて、チョコつながりの記事のスペースをもらえる。しかも投稿しないと、全員プレゼントがショホくなる条件がついている

回答解説:
どちらかというとブログポータルサイト(って言う言葉ある?)向けかな。
バレンタイン前に数量限定(100個とか)で募集する。
a0008780_15511820.jpg
a0008780_15513362.jpg

画像は全部違うし、選べない(ビターとかミルクとか選べても良いかも)
中に「○○三お手製チョコ画像あり!」とか「○○社提供限定○○○チョコバージョン」とか合っても楽しい。
で、チョコをクリックすると・・・・
a0008780_15515183.jpg

でっかいチョコ用ギフトボックスが描かれている、ブログポータル特設ページに行く。
そこには、クリックしたチョコ(つまり、とある条件を満たしてブログパーツとしてブログに張られているチョコ画像)のシルエットが並んでいる。
「とある条件」とは
1.マウスオーバー時のメッセージが設定されている
2.特設ブログに記事を投稿している
この2つの条件を満たさないと、ブログにパーツが貼れないの。
a0008780_1552511.jpg

で、条件を満たしたチョコがボックスの中にシルエットで表示されているんだけど、
この特設サイトでは、チョコシルエットをクリックすると、その特設サイト内ブログの
「そのチョコを持っているブロガーが投稿した記事」に直接飛ぶわけ。
当然、その記事を書いた人のブログにも、その記事から飛べるようになってる。

綺麗な箱に並んだ、美味しそうなチョコで、いつもと違う記事を読める、というのが、特設サイトを訪れた人のメリットで、いつもと違う読者層に記事を読んでもらうチャンスがあるというのが、ブロガーのメリット。
いちおう大テーマは「チョコ」とか「気持ち」とか「バレンタイン」とかに絞って、後は細かくジャンル分けしておけば、二度三度訪れる人にも親切(だし、書く方も書きやすい)

ここまでしても、画像だけもらって記事書かないとか、書くのをためらうとか、そういうことの無いように一工夫。
チョコの数はあらかじめ決まっているので、ボックスの中にいくつあれば何人投稿しているか丸わかり。で、ある一定数投稿があれば高級チョコの全プレが、もし、一定数に達しないときは、投稿されたチョコの画像だけが綺麗に並んだカード送付に留まる・・・あ、それでもウレシイわ。

でも、みんなでがんばれば、美味しいチョコがもらえる!
(というか、画像は「買う」のが一番良いでしょう。タダより効果有り)

応募者(チョコ画像が割り振られた人)のブログURLだけあらかじめ公開しておく・・・というのは
やり過ぎだね。(ちょっと考えたけど。「おまえ投稿してないやン!」とか責められるとコワイ)

こんなのどうでしょうか。すいません、フツーだった今回(いや、今回も)。
[PR]

by pyoblog | 2009-01-26 16:17 | 百式企画塾  

近況:携帯を買った 3

昨日の記事に追記部分がありますので、よろしくです。

副題 今日のノキアと私

箱をそろそろ片付けようとしたら、なんか透明なシートが入っていました。
ケータイの画面保護シートでした。
必死でケータイ画面を綺麗にしてから、貼りました。
ていうか、同梱されてるとは思わなかった(買わなくて良かったよ)

今更ですが、初写メをやってみました(子供のケータイに宛てて)
TVケーブルにつないで、カメラを起動すると、携帯画面がTVに写ります。
TVで写りを確認できるのがナイスです。
子供も納得のアングルでぬいぐるみを撮って、メール送信してみました
・・・すぐ隣にいる自分の子供のケータイに(何か間違ってる)
メール送るのに絵文字を出すのがよく分からなかったんですが、TVに映し出された
送信画面を子供に見せながら、教えてもらえました。
便利だ、TVケーブル(これもセットに入ってる)

おまけ
TVケーブルをさしたままカメラ起動中のケータイをみると、あたかも
TV中継のようにTV画面に映ったので「お宅拝見ごっこ」してました。
・・・片付けようと思った(客観的に部屋を見た感想)
[PR]

by pyoblog | 2009-01-17 14:19  

近況:携帯を買った 2

近況書くブログじゃないんですけど、ログインしちゃったので(言い訳になってない)

副題:ノキアと私

ケータイらしからぬケータイとケータイをよく知らない私との生活が始まりました。
なんか良くわかんないことだらけですが、とりあえず昨日一番驚いたのは

ノキアが「日本におけるノキアブランドの携帯電話端末の販売及び販売活動を中止」してた
(「」部分はノキアWebサイトからの引用)

追記(2009.1.17.)
すべての販売活動を中止したわけではなくて、一部の機種を除き、販売活動を中止した、ということだそうです。その「一部の機種」だったみたいですね。当然、今販売している機種のサポートは万全(だと思う)ですし、100万円が当たる新機種のキャンペーンもやってます。



ことでしょうか。撤退したわけではないですが。(もちろん、サポートは大丈夫です)
下調べをせずにケータイ買った人、それは私。
あれ?でもなんで売ってたんだろ?
電気屋だから?

さしあたって今越えたいハードルは
1.無線LAN接続とはなんぞや

2.VOXとはなんぞや

ミクシィというものと連動しているケータイなのですが、ミクシィアカウントは持っていない私。
(一度、小説作家さんについて語るグループにさそわれたんだけど、語れるほど読んでなかったので断った。)

VOXというサービスにも連動してるらしい(と説明書には書いてある)ので、やってみようかどうか迷っている状況。


何故無線LAN接続について知りたいのかというと、ポッドキャスティングというものをしてみたかったから。それには接続がそれ推奨と書いてあるけど・・・。
それは定額範囲内なのか?また違う場合は、そこまでしてケータイでポッドキャスティングをするのか私?

実はポッドキャスティングやiTuneについての知識がナッシングという、今時珍しい人間なので、
ダウンロードした番組をケータイに転送すればポッドキャストフォルダに勝手に収まるもんだと思ってた。(その「番組をダウンロードとかいうのも、今回初めてやってみたのだ!)
いまは、音楽フォルダに収まってます、「エイゴの時間」。

ポッドキャスティングって便利そうだけどなぁ。難しいなぁ(イヤたぶん難しくない)


今日の私とケータイとのつきあいは、写真を一枚撮って、音楽を聴いた。あ、一度だけ音声電話したかな?それくらいかな?もっと生き生きと使ってみたいなぁ。
でも、「ケータイをちゃんともって歩く(家に忘れたりしない)」用になっただけ進歩。


あ、そうだ、昨日、TVにケータイの画面を映してみました。
で、インターネットにつないで、
「わー、wiiみたいだ」
とか言って遊んでました。
画面が横長にできるので、うまくウェブサイトの画面が収まるかと思ったんだけど
まあ、たとえるなら
「ニンテンドーブラウザをTVで見ました」みたいな見え方でした。
でもちゃんとflashサイトも見れる(たぶん)からいいの。
[PR]

by pyoblog | 2009-01-16 23:33  

近況:携帯を買った

こんにちは。新年早々に仕事周りで痛いポカをしてしまって、絶賛反省中のとんぴょです。

殆ど近況を書かないこのブログですが、今回は「もしかしたらオモシロガラレルかも」と思ったので書いてみます。

ちなみに、今は休憩中。これ書いたら作業に戻ります。←誰に言ってンの

ケータイを新しく買いました。まったくの新規です。今時珍しい人間の一人。
それまではプリペイドケータイでした・・・ボーダフォンの。(5年以上も前、義父が入院したときに、家族間の連絡のためにやむなく買った)
プリペイドで困ったことは、なんにもありません。さしあたって「対外的に印象が悪い」くらい?(笑)
電話の電源切りっぱだったり、家に忘れて出かけたりするので、「Tonpyoには携帯で連絡がつかない」と、周囲には思われています。
さらに、主に音声通話しか使っていませんでした。

ただ、困っていたことが一つだけ。僅かですが携帯サイトで関わっているコンテンツがあるので、「自分の携帯で確認できればな」と思ってました。←インターネットサイトが見れなかった。音声通話とメールだけ。

そのプリペイド携帯が、来年でサービス終了。ここが切り替えどきなので「好きなケータイがあったら、それにしなよ」と夫から言われていました。

で、気に入ったのがあったので、決めた。
それが、SoftBank Nokia N95です。


その・・・なんていうか、不勉強故に「ケータイってどの機種も同じ機能なんだよね」とか思ってたんですよ。
(私のケータイイメージ:電話とメールが出来て、携帯サイトが見れて、カメラがついている)

だから、電気屋さんで偶然見かけた時に、カメラが格好良くてなんか凄そうだし、大きな表示面が表に出てるのがよかったし、子供がSoftBank携帯だから契約的になんかお得そうだし、犬も欲しかった(←ダメダメ)。なんだか他の携帯と違う格好よさがあるように私は思ったの。

買ってみてすぐに分かった事実は「格好だけじゃなく仕様も違う」ということ。
お店の人が
「ケータイを持つのが初めての人なら逆に慣れるのが早いかも」
といったくらいです。
(ケータイの使い方全然わかんなかったので、買ってすぐ電気店の人に見てもらった)

近所のSohtBank店でも、使用方法とか設定とか色々とお聞きしたんですが、
まず開口一番「いや、珍しいです。日本のとは全然く違います」と。

気に入って買ったのですが、何しろケータイ初心者なのに、「頼るべき相手があまりいない」のは、スコーシ不安・・・ま、いいや、オモシロイから。

さしあたって、携帯サイトが見られないのが、今、一番困ってることです。マジ困ってる。
普通のインターネットサイトはバリバリ見れるのですが。
お約束で自分のサイトを見てみました。画面クッキリでした。

それにしても・・・メールが出来て音声通話も出来るけど、携帯サイトが見れない、という点では、実は今まで使ってた携帯とほぼ同じ状況(笑

カメラはレンズがとても良いものだそうで(カメラ好きの夫が嬉しそうだった)、また、写真を撮るときに「カメラを構えるように」撮れるのが助かっています。ていうか、ほとんど「コンパクトカメラ」と同じ外観。

音楽や画像アプリケーションをパソコンから取り込める(Nokia PC Suiteを使用する)とあったので、とりあえず音楽を移してみました。今、それをTV出力で聞いています。
これは大助かりです。イヤホンだとお客さんが来たのも分からないことがあるから。

FMが聞けるのも便利です。なんかポッドキャストがどうとか書いてあったので、パソコンにはとりあえずiTuneをダウンロードしておきました。「エイゴの時間」を携帯で聞けるようになるのかな?

・・・たくさんある機能の中で、今私が使えてる機能はこんな感じ。電話としては、家族にかけた数回くらい。メールはまだしていません。なんだか、電話として使ってないような。

「小さなパソコンのようなものでしょうか?」と聞いたら「そう思った方が良いですね」と電気屋さんでもソフトバンクでも言われました。

そんなこんなで、ケータイじゃないケータイが、ケータイを知らない私の手元にやってきました。
考えてみるといいコンビかもね。
時々使用感とか書いてみようかなと思っています。
[PR]

by pyoblog | 2009-01-14 12:39  

紙を折って考える、整理する

2009年になって最初の「ぴょ記事」です。
これからは自分の記事のことはこう呼ぼう・・・ナサケナイっぽい感じが当たっている。

去年の話で恐縮ですが、ブログを読んでキーワードを探したりとか、子供が書いたレポートの点検をしたりとかしたときに、便利だったことを書きますよ。

コピー用紙を縦に2つ折り、さらに4つ折り。
広げて、今度は横に2つ折り、さらに4つ折り。で、広げます。
デカ目のマス目が沢山できた紙のできあがり。(折は適宜に。小さすぎないように)

このマス目一つに、一つのキーワードを書いていきます。
できれば、一番最初のキーワードは紙のやや上、真ん中辺に書くと良いと私は思います。
あとはどんどん目にとまった順、気がついた順にマス目を埋めていって下さい。


どんどんキーワードを書いていき、紙が満杯になったら、また新しい紙で折り紙をして下さい。
もしかしたら、紙はなるべく横並べに連結できればよいと、今思いつきました。
少なくとも、重ねては駄目です。
なるべく全体が見渡せるようにしておいた方がよいと思います。


書いていくうちに、キーワード同士の関連や、重要性や、コメントが「ひらっと」浮かんでくるので、適宜矢印やマーキングや書き込みをしていきます。

・・・これだけ。

これだけなんだけど、頭の中がすっきりした。自分の場合は、時間軸順にだーっとメモしていたときよりも「再び見直す率」も上がったような気が。

さらに、作業を人に説明するときにも、このメモは有用でした。
指さし確認しながら説明できるのね。どのキーワードも同じ大きさだから目が「ちゃがちゃが(富山弁:あっちへ行ったりこっちへ行ったりして、煩雑でめがまわりそうなこと)」しない。
また、キーワードに関連した事項を記入した位置が明確なのも、説明する側、される側にも便利でした。

調べ物をしている人はやってみてね。作業の害にはならないと思う。
[PR]

by pyoblog | 2009-01-08 16:39 | ぴょ案