ぴょ案:図書館用古本収集ポータル(サイト)があったらな

こういうのがあったらどうだろう。

読んでしまった本、手放しても良い本、残しておきたい本を個人で登録しておくシステム。
移動図書館に必要な種類と冊数に達したら、足りないものを購入等で補充して提供する。または、そのまとまりごと貸し出す。

古本を集めると、ものすごく内容が偏ることがある、と思う。
雑誌なら1000冊、ベストセラーなら100冊、専門書は1冊みたいな。
一つの書物に対して1カ所に必要な冊数はあると思うので、仮にそれを5冊とすると雑誌1000冊なら200館分、ベストセラーなら20館分、専門書なら1館分。
専門書に関してはそれを必要なところに送るとして、徹底的に足りないものだけを購入補充する。

本を提供できる人は、自分の提供可能書籍データを公開しておく(すぐには提供しない)。
ポータル側は移動図書館1車分の本の種類・冊数も公開しておく。また、必要とされている本の種類や冊数も随時公開しておく。
一定期間をおいて、ポータル側は提供可能データから本を選ぶ。雑誌など同じ本が多数有る場合は抽選で選ぶ。(雑誌のように耐久性の無い本については、定期的に処分、定期的に状態の良いものを収集) 選んだ時点で提供者に連絡、一定期間内に本を提供してもらう。基本的に無償(有償だと、悪いこと考えそうな人いると思うからなぁ・・・って事を考える私はどうなんだろ)

移動図書館は色んな種類があっていい。児童書専門とか、古い雑誌専門とか。専門書専用車とか。それを必要な場所に派遣する。また、同じ種類の車でも、そろえている中身を替える(児童書のように読書欲の強い年齢層向きのものは車ごとに中身が違うと来るのが楽しみになるかもね)。基本的に貸し出ししない。専門書については、専門の貸し出しシステムがあってもいいけど・・。

古本収集ポータルがあれば、本が傷んだりした時にも対処しやすいと思う。また、ポータルを見れば各書籍の希少性が一目でわかるので、「売れないから」という理由で貴重な本がゴミになることも防げるかも。基本的に本は提供者が持っている(はず)なので、ポータル側の負担も少なくなるのではないかなー
また、この場合、どの本が求められているかわかるので「売った方がトクな本」は古本屋さんに流れるはず
。なので、古本屋さんと競合することも無い、かもしれない。

というようなことを考えました。どうかな?もうあるのかな?
[PR]

# by pyoblog | 2011-07-11 12:16 | ぴょ案  

銀行に預けてあるお金のようにデータを預けるサービスがあったら恐いかな?

一般的に(震災のような重大な事態は別として)、お金の切れ目が自分のオンライン上データとの縁の切れ目ってこと、多い。

もし、預けてあるデータが「銀行に預けてあるお金のように」預かられているサービスがあったらどうなるだろう。

お金は、預けたらそのまま保管されているわけでは無いよね。運用されて、つまり銀行に使われてしまうんだけど、そのかわりに引き出すときは利子を付けて返したりするのね。

データの場合、勝手に使われちゃ困るんだけど・・・・という性格のものが多いんだけど(とくにパーソナルデータ)、例えば企業が必要としているデータ(年代性別指向等)を使わせてあげる代わりに、使われたくない重要なデータを守ってもらうサービス。例えば万が一の連絡先とかね。お金を預けるのと違うのは先に「メリット」を出すことかな(利子は後から付くもんね)

この場合「サービスは手前の都合で勝手にやめても文句言わないで下さい」という、よくある契約条文は無くなるだろうなぁ。お客様のものを預かって商売してるんだから。

でもなんか恐いなぁ。よっぽど先に信頼が無いとダメダヨね。

なんていうことを、ふと思いつきましたとさ。
[PR]

# by pyoblog | 2011-07-07 20:33 | タワイディア  

なんで手回し充電機付の外付けハードディスクがないんだろ

データを参照して皿に焼く分だけ手回しで充電できるの。意味があるかっていったら無いかもだけど。
パソコン周り用の人力充電器ってないよね。なんでかな。
[PR]

# by pyoblog | 2011-07-07 20:22 | タワイディア  

地図を読むのが苦手な私の、地図読みの勉強タイミングは旅行の後

一昨日、上京してました。私は方向音痴なので地図をいっぱい印刷していったんですが、迷った。
家に帰ってきて、その印刷した紙の束をどうしようかと眺めていたら、何となく頭に入ってくるのね、道とか。
地図を読むのが苦手な人は、旅行の後で地図を見て復習するとイイかも。

関連記事:「ぴょブログ:旅行の後の方が理解度が深まる」
[PR]

# by pyoblog | 2011-06-26 19:56 | ぴょ案  

簡単に団扇があおげるグッズがあればいいのにな

こんなカンジで。
a0008780_1453291.jpg


こう、ギュッギュッと握るだけであおげるといいなぁ!
子供をあおいでいる時って、手がつりそう&だんだん腕力がなくなってきて結構大変なんだよね・・・そんな昔のことを思い出したりしました。

あ、あと、ヒモを引っ張るとぱたたたた・・・ってあおいでくれるとか、そういうギミックもいいなぁ。
すべて電気じゃない方法で実現すると楽しい。
[PR]

# by pyoblog | 2011-06-14 14:09 | ぴょ案  

講演会で最後列の席の人にプレゼントをあげるときどうするか

・・・どんだけ限定的な条件やねん。昼寝をしていて突然ひょいっと思いついた駄案をメモ。

講演の時に何故プレゼントが必要なのかとかいうところは、Scott Berkun著「パブリックスピーカーの告白」を読んでみってください。

では、手順です。まず、プレゼントされる方に先ず起立してもらいます。拍手を促しても良いと思う。
起立した人には、その場を動かないようにお願いします。

その上で、渡すべきプレゼントを講演者の一番近くの聴衆に渡します。

その人から順にバケツリレー方式でプレゼントを届けます。具体的には、自分の後ろの席の人に渡していきます。(または最も近い場所に座っている人の所まで届ける・・・講演会の席がまばらに埋まっている場合はそういう状況)そのルールは徹底してもらいます。

講演者は、手間をかけさせていることを詫びつつ、起立している人の所にプレゼントが届くまで見守ります。プレゼントの中身をプレゼンしててもいいと思う。

起立している人に無事に渡されたら、拍手する。協力してくれた方々に拍手と共にお礼を言う。

手順は以上です。

講演会でプレゼントされるものは、多くが講演者自身の著書だったり、内容に関連する物品であったりすると思います。それを実際に手に取ることと、手渡しする際のアイコンタクトによる他者との行動共有は、講演をより現実的なものと受け止めるきっかけになるのではと考えます(夢見心地で時間が過ぎてしまい「そこに居た」というだけの経験になることを避けることが出来るかもと思います)

少なくとも、手渡しリレーを手伝ってくれた方に、行動という経験がプレゼントされます。それが、講演内容への親しみと、記憶の補助に役立つかーもしれません。実践してないのでわかりませんが。


本来プレゼントは直接手渡される方が、される側にとって一番嬉しいことだと思います。ただ、この方法ならば、講演の流れを(自分はもらってない、関係ないといった)疎外感でストップさせず、且つ緊張をほぐすという点で聴衆全体を巻き込むことが出来るのではないでしょうか。


・・・・と、寝ぼけながら思いつきました。どんな夢見てたんか。
[PR]

# by pyoblog | 2011-06-10 15:58 | タワイディア  

らしくない本をカフェで読むときの照れ隠し

それをなぜ隠したいのか、ということはともかく。ひょいっと思いついた駄案。

本のカバーを上下逆さにする。

「なんだ、わかってないじゃん」的な雰囲気だけは醸し出せます。
その方が恥ずかしいか、それとも本を読んでいると思われるのが恥ずかしいか。

私は、らしくない本を読んでいると自分で思うことこそ、ハズカシイと思わなくてはならんと思うナリ。

でもカバーは掛けてしまうのよ・・(そして、ブックカバー作るのは楽しい。100均布で3枚、手持ちの布で1枚作ったよ)
[PR]

# by pyoblog | 2011-05-24 19:16 | タワイディア  

わっかりやすいお役所スタッフTシャツがあったらなぁ

こんなのどうかな?
a0008780_11223131.jpg


メッセージを自分で書くところには、「お困りなことありませんか?」とか、「本日はどうなさいましたか?」みたいな、一番最初のお声掛けを書いてあっても良いと思う。

Tシャツはバンバン着替えられるのがイイ。襟ぐりで雰囲気も変えれるし。
[PR]

# by pyoblog | 2011-05-24 11:27 | ぴょ案  

旬電気

たわいのないアイデアなので、マジに取らないように。

えーと、野菜に旬があるように、電気の作り方にも旬があればいいなぁ。
暑い時は太陽光・太陽熱発電。
寒い時は積雪の重みを利用した発電。
雪解けの頃は水力発電。

それぞれの地方や気候でその時に採れる旬の電気を、野菜の旬が全国に出回るように全国に届けられるといいなぁ。

そう思いました。

ちなみに富山市には太陽光発電所があります。雪で稼働が遅れたけど。あるの。
[PR]

# by pyoblog | 2011-05-18 23:21 | タワイディア  

指レスト付のマウスがあったらなぁ

キーボード&マウスを新調しました。ワイヤレスです。パソコンの背面にあるUSBスロットに短いコードを着けて、その先にちいさなワイヤレスの機械をつけています。(表面のUSBスロットをふさぎたくなかった)

まだ手になじんでいないマウス。今までよりも大きめなので、マウスにかかっていない指が、だらりと下がっているような状況(ちと大げさ)。中指と薬指をパカンと開いたようになっているので、マウスで長時間作業をする私には、この先々がちょっと怖いなぁという感じ。

この指を支えておくレストがあれば、そうね、右クリックボタンの高さより心持ち低いくらいのレストがあればいいなぁ・・と思いました。
柔らかめの素材で、ちょっと「押し心地感」があればもっといいかも。
見た目は不格好になるかもしれないけれどね。

・・・マウスを替えればいいんでしょうね・・・。

余談:ワイヤレスのマウスの使い始めは、わずかにブーンというカンジの振動が来ます。
これ、自分でコントロールできると嬉しい。疲れた時に振動で手のひらをマッサージしてくれるマウスとか。
[PR]

# by pyoblog | 2011-04-20 12:09 | ぴょ案