ひるねるばしょ

忙しく慌ただしい毎日でプライバシーもないのでは体が持たないので、あえて小さなスペースを作り、利用時間を設定して「昼寝スペース」を確保するといいのでは、と思いました。

できれば、銭湯のように「男女別」(利用時間を交代しても良い)にし、危急の場合に備えて必ず一人起きている人がいる場所。

大人は責任感で気が休まるヒマがないと思うので、例えそれが昼間でも安心感で体を休める時間が少しでもあればと思います。特に親は子供が心配で夜の眠りが浅いので。

このスペースを利用するとき、あえて時間や回数などの利用制限があったほうが、無いよりも休めると思います。(休んでいることそのものが気持ちを圧迫するのを避けるため)
[PR]

# by pyoblog | 2011-03-27 13:04 | ぴょ案  

遠方に暮らす人たちのつながりを代筆するサービスがあったらな

遠方に暮らすことを余儀なくされたおじいちゃんおばあちゃんの「お便り」を、ネットで代筆し、それを紙媒体や音声媒体でお返しするサービスがあったらなぁ、と思いました。

先ずは、ヘルパーさんやサポーターさんが訪問する際に、おじいちゃんおばあちゃんの言付けを目の前でツイッターのように常時更新される発言サービスに投稿し、その場で「伝えたという事実」を見せる。
その後、3日~1週間くらいのスパンで、おじいちゃんおばあちゃんに、様々なカテゴリ別に集約した言付けを印刷した物や音声媒体(ネットラジオ的な物)で届ける。カテゴリは、市町村や同窓、男女別や年齢別などいろいろと「おじいちゃんおばあちゃん各個人向けにカスタマイズ」出来ると良い。

例え長く離れていても、同郷の、同窓の、共通する人たちとの交流が保たれている事が確信できれば良いと思います。また、地元の人も、おじいちゃんおばあちゃんに声掛けすること(言付けを預かったり返したりすること)で交流できると思う。 それが発展すれば、遠方のお里と今住むお里のつながりが深くなって、より良い関係が築けるかも。とか、思いました。
[PR]

# by pyoblog | 2011-03-27 12:49 | ぴょ案  

処方箋をバーコードで記録しておくサービスがあったらなぁ

こんなのあるといいなぁ。もうあるのかな?

「自分の氏名や血液型を書いて持ち歩くことができる小さなカプセル」が既製品にあるけど、それに入れておく小さな紙片を、薬を処方してもらうたびに入れ替えてもらうサービスがあればと思いました。
お薬手帳と一緒に提示を求められて、必ず中身を入れ替えてもらえるサービス。

お薬手帳はかさばるから、いつも身につけているとは限らないので(医者に行く時ぐらい?)
昔は「肌守り」といって、子供が首からお守りも肌身離さずぶらさげてたりしたんだけど、あのノリで。


バーコードや二次元コードみたいな物が便利じゃないかな。ただ、読み取り機械が無くても読める可能性が高い方が良いなぁ。

できれば、その数値化の決まり事は、全ての医療機関共通のものであってほしいなー。
また、複数の異なる媒体で参照出来ればよいと思います。電子媒体や印刷媒体等。

医者通いの家族がいるので、こんなことをかんがえました。災害時に必ずそばに私がいて病状を説明できるとは限らないからなぁ。
[PR]

# by pyoblog | 2011-03-27 12:32 | ぴょ案  

足元に草が生えてるテーブルがあったらいいなぁ

私が大好きな「ご馳走ハンバーガー」のお店があるのですが、足元が寒いのです。
しゃれた作りのお店なのですが。 ・・・だからかな?

なので、「テーブルの下に膝くらいの高さの草がボーボーと生えていて、そこに足をズボッとつっこめればいいのにな」とか思いました。ちょっとワイルドな感じも出るし。

ホントはビッシリと植わっていて欲しいトコだけど、テーブルの周りに「バラン」のようなのがぐるっと取り巻いていてもいいなぁ。シリコン製なんかどうでしょう。

テーブルクロスのように上から下に向かって隠す要素のものはたくさんあるから。その逆で。
[PR]

# by pyoblog | 2011-01-29 12:44 | ぴょ案  

早起きする理由を叫ぶ目覚ましがあればなぁ

目覚ましをかけていても、「何でこんな時間に鳴るんだよ!」的な逆ギレで二度寝。どうして覚えていないんだろう、その時間に起きなくちゃいけない理由を・・。

ということを解決するための時計があったらいいなと思いました。
音声録音できる目覚ましを持っている方ならば、すぐに応用できますね。

起きなければいけない理由を叫んで録音。それがアラーム。
とーび起きると思いますよ?
[PR]

# by pyoblog | 2010-09-28 18:35 | ぴょ案  

指揮者が二人同時に指揮するのはどうだろう

小中学校の合唱コンクールとか、そういうのを想像してしゃべってますよー
パートごとにリズムやタイミングを計ってくれる人が、2人くらいいると歌いやすいんじゃないでしょうか。
指揮をするというのは、結構高スキルだと思うんですよ。でも指揮の学習って小中学校では、ちょっとしかしないよね・・・。テストで「この動きは何拍子ですか」で終わっちゃう程度?それをいきなり振れっていわれても辛いかなぁと。
ここは、こだわりを捨ててパートごとに指揮者を立てて(スリートップ?)やってみたら、映像的にも面白いかなと、無責任に考えてみました。

ついでにいうと、パーカッションとか入れたい。
足踏み、手拍子(効果として)、口笛とかいれたり。カッコイイと思うんですが。
曲は短くして、そのかわりアンコール曲も入れよう(笑)

合唱「コンクール」は手堅い美しい曲が多いので、クラス超えてメンバー募って「2010年度3年生オールスターズ」みたいな合唱グループで、上記のようなのをやったら楽しそう。

興味のある先生は、来年度の学習計画にでも入れて欲しいなぁ(今年はもう無理やろ)
[PR]

# by pyoblog | 2010-09-03 11:38 | タワイディア  

冷やしマヨネーズをスーパーに置いて欲しいな

数本だけで良いから、マヨネーズは冷やして置いて欲しいなと、マヨ切れでスーパーに走ったときに思いましたとさ。

さらに、分離型のドレッシングは逆さにして冷やして置いてくれてるとなお良いなと。良くないか。
[PR]

# by pyoblog | 2010-08-26 12:04 | タワイディア  

日本一暑い地方のイベントを考えてみた 太陽熱利用で「行水温泉」っていうはどうでしょう

暑すぎる日々。テレビで「暑い地方紹介」というのをやっていました。そのなかでリポーターの人がぽそりと
「猛暑地方ならでは、っていう観光の特色ってなんでしょうかね」
といったとき、思いついた。というか、思い出したのがこれです。

我が子の小さい頃の夏といえば、「行水」です。
ビニールプールを必死でふくらまし、朝から表において、「水を温め」て。
暖まった頃を見計らって、布団干し(うちのはステンレスパイプの四角形を4つ組み合わせた物だった)に、すだれを乗せて屋根にして。プールとは別にプラの大ダライを日向に出しっぱなしにして「かけ湯」を作って、体が冷えないようにして。夏の水遊びです。
プールで遊ぶ子供達は、通りがかった近所の人に「あんたらっちゃ、いーのうー(君たち、いいなぁ)」と声をかけられてました。

夏といっても、ため水を温めるのには結構時間がかかります。でももし、とても暑い地方なら、早く暖かくなるのでは?
また、例え真夏でも、出しっぱなしの水やプールの水は、すぐに体が冷えてしまいます。
温水というほどでない、ちょうどいい行水用のぬくめ水で、足湯や小さな子供達プール(もちろん屋根付きで)があったら、冷えすぎず、気持ちよく遊ばせられると思うのですが。

さらに、昔はプールにつかった水は、打ち水に使いました。
イベントの後で、参加者全員で地域を打ち水するのもいいんじゃないかなぁ。

ネックは衛生面、プール以外の外の安全面。猛暑ですからね。地面の熱さは相当なものでしょう。
暑いところでの子供向けのイベントなら、気を遣いすぎても足りないくらいだと想像できます。

と、まあ、こんな事を考えてみました。
[PR]

# by pyoblog | 2010-08-20 14:34 | タワイディア  

夏休みの地味系自由研究:里帰り旅行記を前の年と比較する

(書く時期がちょっと遅かったかな、でも来年まではまだ間があるよね)

お盆休みにお里帰り。それを旅行記にするというのを、私も子供の頃やりました。
でも、「この手は一回切りしか使えない」とか「なんだか今年も殆ど同じ内容」とか、そういうのはややモッタイナイ。・・・ということに、里帰り中の甥っ子達を見て気がつきました。だって年々成長してるんだもの。

毎年同じ所に行って、同じ人に会うなら、最長6年間の比較データがあるって事ですよね!
継続して出来るって、面白いと思うんですよ。
それに、毎年「相変わらず」というわけにはいかないのが人の成長や人生ってもんです。
(「相変わらず」や、「お変わりなく」には「なんとか一年無事で良かった」という意味合いが込められてますものね・・・年取ってから実感ですよマジで)

なので、比較できるお里帰り旅行記なんてどうでしょう。

親が手を貸す部分としては、低学年のウチから始める フォーマットを作る、かなぁ?
なにか決まった形があると比較しやすいので、決まった場所で風景写真を撮るとか、家族写真を撮るとか、いつも聞く話題を設定するとかを、子供に提案することかな?

比べる物としては、自分といとこの身長くらべや、趣味の変遷や、親戚の方々とのお話の中で気がついたこと
なんかどうでしょう。

同じフォーマットで作り続ける(のは意外と難しいけど)、その最終学年の時は、数年分をどどーんと並べて見せる演出もありなのでは。
[PR]

# by pyoblog | 2010-08-17 17:52 | ぴょ案  

タイムカード的な生存確認サービスがあったらな

追記:なんだか誤字脱字が多いので直しました・・

個人で仕事を請け負ってるとき・・・もし今、何かあったらどう連絡つけようかなとか思います。たまに。
イラストレーター関連のメールマガジンにも、請負中に事故で入院とか、そういう記事が載ってたときがあって、「本人しか伝達できる人がいないのに、本人がそうできない状況が一番怖い」と、思っています。
なので、「今日は生きてます報告」みたいのを受け付けるサービスがあればなと思いました。

既に「お年寄り見守りサービス」で、一定期間電化製品に動きがないと連絡するみたいなのはあります。
今の場合はもう少し能動的。会社に出勤したときにタイムカードを押すような、そんなカンジ。

たとえばこんなのはどうかなぁ?
一定期間(仕事の請負期間)を登録して、朝、必ず自分のページにアクセスする、だけ。
マイページは、仕事先の方と共有する。
一日でもアクセスがないと(休業日を除く)、マイページにアラートが出る。クライアントがそのページを見ていれば、クライアントは電話連絡やメールといった何らかのアクションをクライアント側からおこなえるチャンスがある
3日間、もしくは指定日にアクセスがないと、クライアントにサービス会社から緊急メールまたは電話が届く。

ちなみに・・・私の場合、仕事中途で万一のことがあったらここ(その時点で関わっている仕事先)に至急連絡してね、というメモを「冠婚葬祭おつきあいノート」に挟んでいます・・・・。
[PR]

# by pyoblog | 2010-04-30 13:07 | ぴょ案