読書ライブ 「秘伝すごい会議」 

(これは書きかけの記事です。と、ウィキペディア風に言ってみたりして)

読書ライブ第2回目は「秘伝すごい会議」です。

題名 秘伝すごい会議
著者 大橋禅太郎 雨宮幸弘
ISBN 978-4-479-79216-1

読書ライブとは、私自身のペースで読んだ部分だけ感想を書いていくという、感想文です。
本全体の書評は、良い文章がアマゾン等で多く読めると思いますので、そちらでお願いします。

自己ルールとして、文章の引用はしません。(ネタバレがイヤだから)
感想を述べている箇所は、該当ページと行数(ページの右から何行目、みたいな)で示します。
なので、実際に本を手にとって読んでいただくとわかりやすいです・・・・というか、そうしていただく価値が私の感想文にあれば、いいなぁ。


この読書ライブの副題(テーマ)は、「一人会議」。
この本の素晴らしい内容を、一人ぼっちの経営者としての「ヒト一人」にあてはめることが出来るかどうかをやってみます。
なんで素晴らしいと解るかって?それはまず一読したから。
でも、とりあえず一緒に会議する相手がいない(ことにしておく)ので、これを自分自身のみのために役立てようと思ったわけです。

会社メンバーが一人、というのは実際有り得ます。数名ならもっと有ります。
そこには、この本のまず第一段階が文章のままクリアできないという問題があります。
でもこの本のやり方で切り抜けられます。ちょっと手品みたいけど。

そういうことを考えながら、読み進めていきます。読書と言うより勉強会みたいね。


「秘伝すごい会議」、私の持っているこの本は、「IDEA*IDEA」の企画に拙案を取り上げていただいた際の当選プレゼントです。実は、この本を頂くちょっと前から、まとまった読書時間が取れないという問題が発生しています。ウチの都合なんですけどね。把握できない時間に縛られるというか・・・簡単に言うと主に家庭内運転手なんですが。相手の体調次第で色々と動かなくてはいけない事情をかかえています。

私も色々と人生やり残してることが多いんで、それをクリアするためにも是非読みたい本。
切れ切れながら読んで把握したことを字に残しておけば後々自分に便利かなと思った次第です。

とりあえず今日は前振りのみで失礼。
by pyoblog | 2007-12-17 14:01 | 読書ライブ

思いついたことのつらつら書き


by pyoblog
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31