夏休みな宿題:一本地図

日本地図でも一本道地図でもないですよ。
低学年向け。(たぶん)

旅行記や身近な地域調べなどの地図を
一本の道だけで表そうという試みです。
イメージとしては、「ビデオカメラをのぞきながら歩いている」という感じです。

自分が歩いた道の両側の様子、道の状態をきちんと観察します。
歩数ごとに記録しても楽しいでしょう。

紙の真ん中に一本の道を書きます。
道の両側の様子を添えていきます。
曲がり角は色ペンなどで印を付ける(だけ。右へ、左へと一言添える)で
まげすにそのまま両側の様子を添え続けます。

この方法だと、横断歩道は道の上を横切りません。
道が突然横断歩道になります。イメージできますか?
(言葉で説明むずかしいなー)

道の大きさや舗装・砂利道などの状態も道に反映させます。
全体を見ると、みちが太くなったり細くなったり線路になったり階段になったりします。
(根性でイメージしてみてください。)

地図書くのって、大人でもつじつまあわせるのむずかしいじゃないですか。
これなら書けるかな・・・・と思いつきました。
[PR]
by pyoblog | 2004-03-18 12:31 | 夏休みな宿題

思いついたことのつらつら書き


by pyoblog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30